立ち読みのススメ
ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/ --/ --(--) --: --: -- | スポンサー広告 |
第4話 ティトォと夢

見開きで大陸の魔法使い達の顔と属性が紹介されてるけども、あれ何の順番なんだろね?
登場順とか思ったけど全然違うし。
ジール・ボーイが左から3番目にいる時点でよくわからん。
その時点で強さ順ってわけでもないし・・・
作者のことだからすでに1章のボスをジール・ボーイって決めてただろうし。
まぁだからこそ順番ランダムにしたのかも。

ティトォが店で<仙里算総眼図>の伏線使ってるけども、あれはなんでわかったんだろか。
子どもたちの声とかは当然聞こえてて記憶してたんだろうけども、そもそもの値段がわからんくね?
自分たちが食べたものから他の食べ物の値段を分析したんか?w

夢の樹。
アクアが絶対元に戻ってそして・・・!とか言ってるねぇ。
何するんだろか。
この時点でアロアが生きてるって知らないし。
単純にグリ・ムリ・アに復讐するのならば別にこの体でもいいわけだし。
プリセラの妊婦設定も最初からあったわけだね。
にしてもよく考えたらすごい設定だよね。
3人の魔法使いって言いながらも1人は魔法使えないかわりに体術最強でなおかつ妊娠してるってw

この情報教えてくれたオッサン脳でが破裂するシーン。
たしかここって本誌よりもちょっと残酷になってるんじゃなかったかな。
確か、だけど。

アビャク。
いいキャラだなぁ。
最初の敵って普通もっとザコっぽいもんだけども、アビャクなら中盤以降に登場しても中々いいんじゃなかろうか。
メモリア魔法陣とかに出ても善戦したかもね。
水分多いしあの島。
2012/ 10/ 20(土) 22: 04: 46 | マテリアル・パズル | この記事のURL | コメント:3 |
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
仙里算総眼図> 値段は看板とかに書いてあったんじゃないのかな?と思って特に意識しなかったけど、会話の情報だけなら凄すぎですよね、というか仙里算総眼図のやばいところはわからない部分も想像で補え、なおかつ、それが合っている点だと改めて思いました
夢の樹> アクアの発言もほとんど意識してなかった そして…なんなんだろう? 元の肉体の所在も不明だったし、元の体に戻れる保証もなかったはずですし… 現状、グリさんは死んじゃったし、舞響台天を倒したら目的達成なんですよね、もろもろが終わったあとどうするんだろう? 
個人的には、最初の方の普通の人は夢を毎日見るけど僕ら(TAP)は毎日見るわけではない、という発言が印象に残っています 単純に魂が3つあるからなのかな?
阿白>おまけファイルによると相当強かったみたいですね 魔方陣に出てたらかなり期待できるかも、というか青精魔陰包があるから、光刺態や、カメラの撮影も防げるし、ティトオも一人じゃ仙里算総眼図は使えないし、マヌケじゃなければそこそこいける気がする 気配が云々とか言ってたからジルさんやプリセラなら青精魔陰包中でも攻撃を回避できそう、あとは凍らせれるリゼルか? いろいろ夢があふれる展開になりそう
2012/10/21(日) 16:56:47 | URL | south
数年ぶりに書き込みします!
アビャクとアダさんのコンビは大好きでしたねぇ。
最初見たときこの2人が主人公達とずーっと対立して何度も戦うんだろうな、って思ってましたよ。実際2巻の最初の扉絵が対面イラストだったし。

アクアの目的はグリムリアを倒すのはともかく、その先の目的ってなんなんでしょうね。
これは特に語られてないと思います。アロアの追悼とかですかね?
2012/10/25(木) 01:15:46 | URL | 渡島
>southさん
あれって例えば情報さえわかってたら<青精魔陰包>とかも予測できたんかな?
そこまでわかったらチートすぎるけども。

作者がこの連載初期の段階でどこまで考えてたか、なんですよね。
最初から4章仕立ての予定だったのか。
当然クゥやデュデュマの存在や不死身になったら理由とか考えてただろうけども、そうなるといろいろよくわからんセリフが目立つなぁと。
週刊マンガの場合はそこまで深く設定考えられないから後付っぽくなるけども、このマンガの場合はある程度考えてそうだけどねぇ。

アビャクはホント惜しいキャラ。
さすがに5本の指には勝てないけど、それ以外だと普通にどいつとも渡り合えそうな予感。

>渡島さん
お久しぶりですw
アダラパタは初めて登場した適役のまま、下手したら最後の敵になりそうな勢いw

アクアは単純に妹の復讐とかかも。この時点では。
元の体に戻ったところでどうすんだろ。
2012/11/23(金) 14:45:08 | URL | あるてぃ
コメントを投稿する
URL:
コメント:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。