立ち読みのススメ
ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/ --/ --(--) --: --: -- | スポンサー広告 |
第35話 破壊と再生

■表紙は?
前回に続いて今回も表紙がない。
でもさすがに今回のは唐突に始まりすぎなので、前回ガンガン本誌分なかったけども今月はあるんじゃないかな。
まだチェックしてないけども。

■キールとシーラァなんてもう忘れてたよ
「ロボットの侵略が再び!!」
レオドリスの国でロボットが再起動しやがってね。
そこで出てきたのが囮役のキールとずるい女シーラァなんだけども。
まさかこいつらがまた出てくるとは。
3巻に登場してて現在は8巻か9巻くらいの内容やってるだろうから、巻数的にはそうでもないけども、作中の時間って結構経過してなかったっけ。
8ヶ月とか半年とか普通に経過してたような。
そういやこの国の人たちはレオドリスが戦死したこと知ってるのかな?

ただまぁシルトツヴァイになってるのがレオドリスじゃなくてアカルレンってことなので、知ってるんだろな。
今までたいした活躍してこなかったアカルレンに初めての活躍の機会が!
と思ったらばなぜかフェーダドライ登場。
しかもタナトスバージョン。
てっきり手伝ってくれるのかと思ったらば思いっきりフルボッコですよ!w
守りのクロイツなのにもうゴミクズのようにまぁ。
どうもこのフェーダドライはデュデュマが操ってるようで。
よく考えたら元々クロイツってデュデュマのしもべだったわねそういえば。
それを人間が存在変換して操ってたわけだし。
なんつーか今の状態が魔王なのかも。
どういうわけか滅んでしまったのが魔王の骨とか。

■クリム「開けろ」
よく考えたらば。
クリムって一体どういう立ち位置にいるんだろうかね。
所属としてはマジェンガ学院の生徒だけども、エースクラス(というかバケモノクラス)のベルジとシュウガと同郷。
でも魔力や才能がないので戦士にはなれない。
それでいて国の実質トップでもある女神ミト様と普通に接してるしメルパトラと呼び捨てだし。
まぁ友達のような関係ってことでいいんだけどさ。
にしても「開けろ」はないと思うがw
お付きのミト様シスターズもビビッたのか、レオドリスやベルジ相手には普通に呼び捨てしてたのにクリムにはさん付け!w

ダウン中のミト様だけども星詠みのチカラか、状況を既に知ってしまっている。
アカルレンはどうやら死んでしまったようで。
しかもレオドリスの国も結局滅んでしまったよ。
もしかして今後も過去にチラっと登場したキャラがどんどん滅ぼされていくんだろうか。
海賊のギンとかコルシカ隊長にさらわれたチコだっけ?とか。

■村が全て破壊され…(原文ママ)
実は各地の村村には強力な結界が、みたいな事ではなくてまぁ普通に「虹」の誤植なんでしょう。
そうなるとさっきのクリムのセリフも正しくは「開けて」なんだろなぁ。
ミト様によると復活したデュデュマがロボットと大地に戻ったフェーダドライを操ってるんだろうと。
にしてもタナトスはずるくね?
あれはベルジが文字通り命を捨てて覚醒させた能力なのに。
まぁデュデュマからしたら造物主なわけだから最初から100%覚醒は可能なんだろうけどさ。
ただそうなると今回のシルトツヴァイも奪われたから<7thボルト>の7つ目の盾も使えるんだろうか。
そうなるとナトラレーゼの見せ場がなくなるが…
あと前回見つかった最後のクロイツフュンフはどうなるんだろうかねぇ。
デュデュマが操ろうと思った矢先にアースカルフが存在変換に成功したってところかいな。

■まさかの親父登場
ミト様が死んだベルジの幻影と戯れてる頃、シュウガは1人生まれた島へ戻ってきたが。
ロボットに襲撃されて誰もいないでやがる。
と思ったらまさかの親父登場だよ。
いまいちなんで姿を消したのかわからんシュウガの親父。
このタイミングで戻ってきたのはまぁたまたまなんだろうけども、特にこれと言った重要な展開もないままさようなら。
ただまぁシュウガが実は昔は臆病だったというかわいらしい一面が判明したのでよしとしましょう。
ベルジには負けまいと妙な対抗意識を持ってたけども、その割にはマジェンガへ行こうとするベルジに俺は行かないとか言ってたのはなんだったんだろか。

最後デスレオンのクロとの再会だったわけども、やっぱり読者的にはここでキラの再登場を期待したかったな。
まぁ今さら出てきたところでなんの役にも立たないけども。
そう考えるとこの『ゼロクロイツ』って無意味なエピソードが結構あったなぁと。
キラもそうだしマルキスの過去とか父親との確執とか海賊ギンとかアルアドの樹とか月鉱石とか寄生石を目に打ち込むとか。
初期にそういうエピソードが多い気がする。
「そのぬくもりがシュウガの心をやさしく包む…」

■その他いろいろ
次回8月25日に更新ってなってるねぇ。
ちょうど2週間後の木曜日なのでただのミスってわけじゃないっぽいな。
今回のタイトルが「破壊と再生」だけどもどこにも再生の描写なかったしね。
もう何年も経過したから結構の読者が忘れちゃってるかもしれないけども、そういえば2章までの『マテリアル・パズル』ってば月刊誌なのに毎月2話ずつ掲載されてたねぇ。
今さらながらその伝統を受け継ぐんかしら。

前回までの感想で、ベルジ亡き今誰がフェーダドライに変換するんだって話で盛り上がってたわけだけども、なんかあっさり敵の手に落ちましたな。
でもこうなるとヌルはどうなるんでしょかねぇ。
てっきり5体のクロイツによる同時存在変換みたいな合体のようなのをイメージしてたんだけども。
ていうかさ。
どうこうあってヌルが起動したとしても、あくまで始まりのクロイツには変わらないわけじゃん。
てことはやっぱり造物主のデュデュマ相手にはどうにもならないんちゃう?
自分が作った手下に、自分を倒しうるチカラを持たせるとも思わないし。
もしかしてこの状況をどうにか打破できる鍵が<命七乱月>なんかな。
なんとなくヌルの魔法と予想してたけども、実は全然独立したチカラとか。
あるいは裁きの星ってのが関係してくる、とか?
うーむ。
2011/ 08/ 11(木) 23: 17: 12 | マテリアル・パズル | この記事のURL | コメント:7 |
コメント
この記事へのコメント
もう話も終盤ですし
ついに4章始める時期合わせなどの
準備をしてるのでは!?
細かい謎はあるけど
期待や予想のはるか上の展開を
見せてくれる土塚先生は
さすがですね!
2011/08/12(金) 02:07:32 | URL | ゆう
こんにちは
なんか、いきなり戦っててあせった
ロボットが復活しているのは、改造されたときに、デュデュマにそういう機能も追加されたってことかな? ロボット&クロイツが同時に暴れているのはどういう風に映るのだろう? 伝承では進んだ科学にキレてデュデュマが暴れたってなっているけど、この場合デュデュマとロボットと同じ側に見えるけど… どっかでねじくれて伝わったんでしょうかね?
何気にタナトスが現れたところは最初、虹が復活したのかと思ってページをめくってびっくり あるてぃさんの言うようにタナトス使っているのはずるいなぁ というかあれはクロイツなのか、クロイツ+ベルジ(?)なのか? 後者ならタナトスってるのも分かるし、バッドエンド一直線なんですけどね ちなみに個人的にはなんかタナトス(ベルジ)って強いのはわかるけど毎回ボロボロだったせいかあまり強いイメージがないなぁ
後半は、おもにシュウガの話だったけど、これからはシュウガメインで戦うのかな ザコロボットは問題ないでしょうけど、タナトスやデュデュマ相手に勝てるのかな ベルジよりは才能があるらしいけど、どうなんだろ 
とういうか、シュウガがやる気出したところで、デュデュマを倒しても終わるし、倒さなくても終わるってのは変わらないところがまた辛い やっぱヌル=命七乱月ですかね  
今回やけに、短いなぁと思ったら2週間後に更新されるのか 教えてくれてありがとうございます では
2011/08/12(金) 09:35:41 | URL | south
まさかフェーダードライが敵に回るとは・・・
しかもロボットまでくるわもうどうしようもないなあこれ。
ミト様壊れてるしどうするんだろうこれ。
つうか親父久しぶり。
2011/08/12(金) 20:50:10 | URL | たこやき
フェーダ、タナトスで登場。ここから、大地に還る、とういう現象が思っていたよりも単純ではないことが分かる。フェーダがタナトスで出てきたことから、大地から呼び起こしたものが、その後進化を遂げ大地に還るとき、元の姿に還るのではなく、進化した状態で還るものと考えられる。
これはマテパ本編でコクマが大地から呼び起こされた魔法は使い手が死んだ後、大地に還るわけではない、という点と関連していないだろうか?
記憶と形が違えば若干だが大地に還りにくい。そこをついて、ムリアたちは大地に還る前に魔法の記憶を回収していた。とか?

ゼロクロイツは無意味なエピソードが結構あったなぁ、とありますが、多分そんなことないと思います。ギンだって実はネクバーバの先祖かもしれないし、多分作者はマテパのスピンオフ作品など書くことを考えているのではないでしょうか?虹の生まれた星の話とか書いてくれそうな気がする。
エンチャンターでも骨の人が意味深な発言とか過去が多かったけど、本編とは別のアナザーストーリーな感じでやってたし。
2011/08/12(金) 21:29:49 | URL | クロトリ
>ゆうさん
4章はやってもらわないと読者としては困るんだけども、実際問題どこで掲載するんだろかなぁって。
今さらガンガンでやってもなぁと。
でもこのままオンラインでってのもなんかねぇ。

>southさん
伝承はまぁ事実と違って伝わってるんでしょうね。
さすがにロボットのことが一言も書いてないってのも不自然だし。

普通のクロイツだったらばクロイツオートパイロットって感じだけど、ことフェーダドライに関してはベルジの魂が混ざってるイメージだわね。
なのでベルジの意識が一応あるような気がするわね。
でもそうなるとベルジがアカルレンやレオドリスの故郷を滅ぼしたことになるがw

タナトスは実際最強クラスなんだと思うけどな。
でも“藍ノ刻龍”にボロボロだったけども。

シュウガ好きとしてはこのままシュウガメインで話が進むのは全然いいんだけども、いかんせんシュウガのキャラでは物語が進まない気がする。
今回のことでもなんかシュウガ受身人生っぽいし。

2週間後更新はまだホントかどうかわかりませんけどね。
とりあえず楽しみに待ってましょう。

>たこやきさん
伝承は100%真実じゃないとしても、やはり女神的存在の人が魔王を倒したって下りはホントなんだと思う。
となると今は病んでるミト様もどうにかして復活するとは思うけどねぇ。

>クロトリさん
舞響大天の説明からやっぱり大地には還らないんだろうねぇ。
無印の魔法の設定って魔法アイテム持ってて魔力があれば魔法使えるってことだから、アビャクみたいに指輪が破壊されたら別だけども、そうじゃなかったら元々大地に還らないんじゃないのかなーって。

ただそれとクロイツは特別リンクしてない気がするんだけどな。
そこまで重要な設定でもない気がする。

スピンオフこれ以上はさすがにないと思う。
なんか作者は他にももっといろいろなジャンルのマンガを描きたいんじゃないかな。
『エンチャンター』がわからんから検索したらマンガでしたか。
読んでないですわー。
2011/08/15(月) 23:49:30 | URL | あるてぃ
大魔王デュデュマが本格的に動き出してこれから世界滅亡まで動き出すのかぁと思っていたら結構ハイペースwしかもフェーダータナトスとか絶望感が半端ないですね
ポッカ島までいつのまにか全滅とか悲しすぎですね

フェーダについてはベルジと分離してると思いますね。むしろあれが守護者としての本来の姿で、それを融合者が扱うための完全融合だと思っています。

突然ですが、この星の死生観っていうか存在エネルギーって死んだらどうなりましたっけ?ゼロクロイツは“全て”の存在エネルギーを使うために存在そのものが無くなってしまう様ですが、ベルジやレオドリス、アルカレンの存在は死後どうなっているのか気になります。
本編が手元に無いんで忘れてしまってるんですが、生物のエネルギーは星に戻ってまた新たな生物に循環するみたいな描写ありませんでしたっけ?それならまだ星に皆の存在が残っているのかなと思ったりw

というかアルカレンも死んでしまって今残っている主要融合者は丁度7人なんですよね。ってことは誰がヌルを起動させて(おそらく)命七乱月使用するのか。これクリム(ry
まぁ、フィーア連れてった予備の方いますけど、その前にどうやってクロイツ取り戻すのか見物ですね。それができなきゃ話にならない。

そしてシュウガですが、これベルジの手紙で戦いの迷いが断ち切れるんですかね?期待しちゃいますw

終盤に向かって行くほど4章の繋がりと相まって続きのワクワク感が堪らない!!


それでは長文失礼しました

本当に最後に、大地の封印=デュデュマシステムを生み出した存在ってないですかね?本編でも出てきてますが、今回ミトが防衛システムと言っていたので、自然発生じゃないのかな。。。

2011/08/19(金) 23:43:47 | URL | しん太
>しん太さん
ベルジとフェーダドライは多分分離してるんだろうけども、マンガ的にはやっぱり意識に残ってると後からおもしろいんじゃないかな。

循環する描写なんてあったっけ?w
いや最新話の記事のためにコミック読み返したんだけども、時間軸以外の部分はちゃんと読んでなかったからなぁ。
アカルレンとレオドリスの死と、ベルジの死は違うんじゃないかな。
やっぱりベルジの完全融合は特別な気がする。

主要キャラってシュウガ、ミト様、アースカルフ、シロサギ、ナツメ、テレサ、エンドの7人?
確かに7人だねぇ。
シルトツヴァイとフェーダドライを取り戻して全員変換してヌルを呼び出すんだろうけどもどうやって取り戻すんだろかねぇ。

そういやベルジ手紙書いてたっけ。
ラストで明らかになるかな。
2011/08/26(金) 00:39:04 | URL | あるてぃ
コメントを投稿する
URL:
コメント:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。