立ち読みのススメ
ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/ --/ --(--) --: --: -- | スポンサー広告 |
今回の話もやっぱり原作と微妙に違うわいね。
まず京都へ向かうってのは、確か仁友堂全員で行ったような覚えがある。
それもちゃんと坂本龍馬を助けに、ってみんなに伝えて。
あえて仁友堂にメンバー残したのはペニシリンの件を同時進行させるためかな。
仁友堂に石投げられたりしてたあのシーンというかエピソードは原作にもあります。
今回三隅なんとかって人が毒殺らしきことして笑ってるシーンあったけども、あれだけだとまったくもって意味不明だろうなw
まぁそこら辺は次回にあるだろうからいいけども。

さて最近オレの中でグイグイ来てるのがお兄ちゃん。
前々回だったかなにはコソドロのようなマネをしたかと思ったら今度はついに暗殺者にまでなってしまったねぇ。
原作ではお兄ちゃんは京都への旅路で先生の護衛役をしてたのにドラマだとえらい黒い役回りになったな。
まぁでもしょうがないんすよ。
だってドラマに沖田総司がまったく登場しないんだから。

京都へ行く途中の村で村人を診てたけども、あれって何の意味があったんだろかねぇ。
原作だと旅に同行してた山田先生だったかな?の名前の方が南方先生よりも世に広まってて、是非とも山田先生に診て欲しいって村人が多かった、みたいな話があったんだけどねぇ。
あと佐分利先生。
これまた原作だけのエピソードだけども、京都へ行く途中に佐分利先生の実家へ立ち寄って結婚するってエピソードもあったりする。

実際の龍馬の話を知らないんだけども、どうもこの頃の龍馬っていろいろな人に命狙われてたんだよね?
だから実際の龍馬の暗殺した人が誰かはわかってないし、どの立場の人間かってのもわかってないんだとか。
同じ土佐の人だったかもしれないし薩摩・長州だったのか新撰組だったのかとか。
じゃあこの物語の場合はどうなのかと。
これまた原作とドラマだと微妙に違う。
いやまぁ結局一緒なんだけども。

原作でも軍鶏鍋かなんか食べてたような。
そのときのメンバーが先生と龍馬と東と沖田総司とあとおっぱいもいたかな。
なんで沖田総司がいるかはまぁ原作読んでください。
本当は新撰組の立場として坂本龍馬を斬る立場にいたんだけども、一緒にごはんを食べるのですよ。
あれ違ったかな。
沖田が龍馬の居場所を近藤局長に訊きだすシーンがあるけど別に殺そうとしてた感じじゃなかったかな。
まぁそれはと別に沖田と先生のエピソードもいくつかあるしね。
そして東。
前回の感想記事にも書いたけども、原作だと東は仲間を沖田に殺されまくっててもう沖田憎しってキャラなのです。
そんな状況でみんなで軍鶏鍋を食べてたってわけさね。
当然ながら無事に終わることなく、東が動くわけですよ。
沖田を殺そうとね。
そこでどうだったかな。
龍馬が止めようとして間違って東に斬られちゃった、ってのが原作。

さてドラマ。
何度も言うけどもドラマでは沖田がいないので、軍鶏鍋のシーンではトラブルがおきるはずがない。
外にはお兄ちゃんいたけどw
どうすんだろなーっと見てたら外でお兄ちゃんと東が斬りあいはじめちゃうし。
てっきり2人がドタドタと軍鶏部屋まで来るのかと思ったわw
そこで原作みたいになるのかと。
そうじゃなくて暗殺場面を外にしたわけだ。
しかもお兄ちゃんが坂本龍馬を斬ろうとしてるシーンにおっぱいと先生がいるというなんともまぁな場面。
斬られそうになってる時に龍馬がお兄ちゃんに死ぬつもりだけどやり残したことはないのか!?みたいなこと言ってたねぇ。
何気に伏線かも。

エンディングの曲の中でストーリーが進むってのは中々よいもんだわね。
曲が終わった瞬間に名前もないザコに斬られる!と思ったらなんともなかったしw
と思ったら今まで護衛してた東が一閃!
オイオイ!?
そりゃまぁ東が龍馬を斬るってのは原作通りだけどもこの流れで斬るのはいくらなんでも強引じゃねーか!
と思って他の人の感想読んでたらなるほどって意見が。
東はあれはわざと龍馬斬ったんじゃないかなぁと。
あそこで龍馬を斬ることによって目の前のお兄ちゃんも苦しまずにすむし、死んでしまった実の兄の願い(ってのが何かはわからんけどももしかしたら坂本龍馬への恨みとかだとしたら)も叶うし。
そこら辺実際のところは次回にならないとわからんわね。
一応前回東が龍馬の首に刀持っててるシーンがあったから、実は恨んでたってのもあるかもしれんし。

いやーしかしどうしたものかねー。
とりあえず龍馬が斬られたシーンに先生がいたってのは実は重要な意味があったりするんだけども、お兄ちゃんが龍馬を殺そうとしてたってのは今後の展開的にいいのか?
最終回は2時間スペシャルだろうとは思ってたけどもその1つ前に70分スペシャルとはまた。
次回で龍馬の手術やって、ペニシリンの問題も同時にやるんかな。
最終回で包帯男の謎と赤ちゃんの謎をやるんだろうねぇ。
ただこのままだと先生とおっぱいとの恋愛話があんまりないけどそれはよいのかな?
以前の感想記事で伏字にして書いたけども、原作だと先生がおっぱいへプロボーズしたときにオッケーしてるんよね。
それ以来まぁ作中特別ラブラブしてたわけじゃないんだけどさ。
まぁその後にもう1回あーいうシーンもあるわけだからそれによってゴニョゴニョ…
2011/ 06/ 12(日) 22: 51: 05 | テレビ・映画 | この記事のURL | コメント:2 |
コメント
この記事へのコメント
 ドラマ化の時に、複数のキャラをひとりに集約ってのはよくあるけど、兄上は、原作での新選組の役回りも加味されてるね。
 三隅はねぇ。
 幕末好きなんで俺もJINは最終話まで立読みしてて、あれなんだけども。
 ドラマはどうなるんでしょうかね。

 龍馬については、謎が多いというか、そもそも、それほど有名ではなかったんだけども、大正時代に直筆の手紙が大量にみつかり、その人物像が面白そうってんで連載小説が発表されて以来知れ渡り、さらに「竜馬が行く」でヒーロー的に扱われて、現在の竜馬像が定着したらしいです。
2011/06/17(金) 01:01:09 | URL | びといん
>びといんさん
今回の10話観るとだいぶ原作と異なってますね。
もちろん大筋ではいっしょですけども。

ラジオのDJも言ってました。
最近まで誰も坂本龍馬のことしらなかったって。
やっぱり司馬良太郎の影響が大きいんでしょかねぇ。
2011/06/19(日) 23:35:28 | URL | あるてぃ
コメントを投稿する
URL:
コメント:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。