立ち読みのススメ
ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/ --/ --(--) --: --: -- | スポンサー広告 |
最近ブログでネチネチとマンガ喫茶行けないってことを書いてたら、じゃあ行ってきなよと奥さんに言われたので先日行ってきて、コミック最後まで読み返してきた!
これで曖昧だった記憶も大丈夫なはず。
読み返して思ったのは、結構忘れてるなぁと。
というかね、原作は手術シーンとか歴史の史実のシーンとかもっと細かいのよ。
なので雑誌連載時はそこらへん結構飛ばしてたし。
で前回の話、目の手術以外ほとんどオリジナルだったわけだけども、今回の話もほぼ全部オリジナルだったw
ありんすの結婚式とガンの転移の告白は同じだけども後はほぼオリジナル。

まず違ったのが写真だけども、あの写真って先生のとこに来たんだっけ?
読み返したのにいきなり記憶が曖昧だな。
まぁ少なくとも裏の手紙はなかった。
あの手紙は上手いね。
ダブルミーニングってのもいいし、それを盗んだお兄ちゃんが勘違いしてそうってのがまたw

そうそうお兄ちゃん。
お兄ちゃんは原作ではあんな盗人みたいなことしません。
というかそもそも龍馬を探るような任務に就かないしね。
軽いネタバレかもしれんけども、お兄ちゃんああ見えても実は頭がいいのです。
まぁそうじゃなきゃ勝海舟の弟子にはなれんか。
お兄ちゃんのキャラというか立ち位置も原作と微妙にブレてきてるのでこの先どうなるかが楽しみではありんす。

先生とおっぱいがありんすの屋敷?に招待されたあたりもだいぶ違う。
違うと言うか食事シーンなんてなかった。
なのでコーヒーのシーンやワインなどはまったく。
あんな酔っ払うおっぱいも原作にありません。
つーか勘当されたとはいえ武士の娘がいいのかあの酔っ払いぶりは。
あとありんすは普段ルロンさんとどうやって会話してるんだろかねぇ。
頭がいいありんすがあっさりとフランス語をマスターしてフランス語で会話してるならいいんよ。
だけど普通に日本語で会話してるんだとしたら、ありんすのあの言葉づかいは外人さんには厳しいだろw

頭のいいといえばおっぱい。
あいかわらず歴史の修正力なるよくわからんSFチックなことを理解してるってのがなんとも。

1番違ったのはガンの告白シーンかしら。
ドラマだとガンだけじゃなくて子どものこともここで明かしたねぇ。
原作だとありんすの子どもは、もっと後になって一緒に写った写真が送られてくるんよ。
というかというか。
結婚式の次の日にフランスへ旅立っていくんさね。
なので出産はあちらでするんだけども、なんかおっぱいが自分が取り上げる!とかいってるわけじゃん。
はぁ、とか思って観てたら次回ありんすの出産話みたいだし。
おいおい。
もう完全にオリジナルじゃねーか。
いや別にいいんだけどさ、ドラマだから残りあと5話くらいじゃないのかい?
ありんすと未来ありんすとのリンクがあるから重要っちゃー重要だけども。

龍馬が死んだ日を先生が思い出せないっての。
あれも原作と違うねぇ。
原作の先生は過去に龍馬を主役にした歴史小説を読んだことがあって暗殺された日が自分の誕生日と同じってことでよく覚えてた。
ドラマではどうも未来ありんすを利用して思い出すような演出にしたいみたいだねぇ。

今回思ったのが、もしかしたらラスト結構原作と変わるんじゃないかなーって。
おっぱいの心境の変化というかなんというか。
実際あれは結果的なことだろうから、そこを変えちゃうとややこしくなるわけだけども。

先日セブンイレブンで作中のあんドーナツが発売されたわね。
どう考えても1ヶ月遅いっての。
あれ出てきたのドラマの1話でしょ?
原作知ってたらドーナツ出てくるわかってるんだからさ、ドラマの翌日の月曜から売り出せばヒットしたろうに。
まぁそれでも一応買ったんだけどもw
味は正直微妙。
もしホントに原作通り作ってるなら現代の味に合わなくて当然だろうけども。
って話を奥さんにしたら自分も食べたいので買ってきてくれとのこと。
マンガ喫茶への許可が出たのでその帰りにセブンイレブンへ。
パンのコーナーへ行ったら安道奈津(だっけ?)のプレートはあるんだけども、肝心の商品が置いてない。
深夜2時だったから入ってきてないんだろかと。
困ったなぁと見渡したら、橘家の揚げだし豆腐発見!w
なるほど、確かにこれもドラマの中に出てきたなぁということで購入。
帰ろうかと思ったらば、お菓子コーナーのあたりに安道奈津発見!
おいおいこっちかよ!
ちょっと迷ったけども仕方ないのでドーナツも買うことに。
レジに持っていったところで店内のBGMがちょうどあのドラマのオープンニングが流れ出したのがなんだかなぁw
2011/ 05/ 29(日) 22: 35: 54 | テレビ・映画 | この記事のURL | コメント:0 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。