立ち読みのススメ
ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/ --/ --(--) --: --: -- | スポンサー広告 |
前回の感想で、録画してる人はそろそろ1話を観かえした方がいいかも、みたいなこと書いたのは東修介の存在を思い出した方がいいかもってことだったんだけども普通に出てきてたねあの人。
いやと言うのも、もうそろそろ原作の記憶があやふやになってきてるんさね。
覚えてるのは原作では坂本龍馬はあんなに出番がなかったってことで、だもんで東もあんなに出てこなかったような気がする。
コミックを読み返しにマンガ喫茶へ行きたいんだけども、現在絶賛子育て中(もうすぐ3ヶ月)のために奥さんに禁止されてしまっていけないのですよ。

今回の医療シーンはほぼ目の手術だけだったわね。
しかしそのシーンがまたグロいw
ただでさえ眼球ドアップなんて気持ち悪いのに下まぶたが切断されて血みどろってのがまた。
普段からテレビドラマを観てないから他の有名な医療ドラマ(「医龍」とか「究明病棟24時」とか)がどれくらい手術描写してるか知らないんだけども、現在のテレビ的にはあれくらいの血の描写はありなんか。
ふむ。
先生って元々脳外科医だったと思ったけども目の手術まで出来るんだね。
まぁ原作では他にも赤ちゃんを取り上げたり猫の手術とかまでしてたりするが。

血の描写ってことだと戦争シーンもなかなか。
つーか金かかってるなぁ。
このドラマ低迷期においていい視聴率取れてるからってのもあるだろうけど。
鉄砲で撃たれて血が飛び散るのとか刀や槍で刺されるっての。
あれも現在のテレビ的にはオッケーラインなのかい?
あんな実写でリアルっぽい表現がオッケーで、ただの画である少年マンガの非現実的な描写が規制されるってのがわからんわね。

前述したとおりそろそろ原作の記憶があいまいなんだけども、今回の話ってほとんどオリジナルじゃないっけ?
全然記憶にないわ。
大体原作はほとんど江戸にいて次から次へといろんな患者を治療してたような。
なんとなーく、最後の発明じいさんに電球をあげたシーンはあったような気がするんだけども。
龍馬と口論したシーンってどうだっけ?

このドラマ観てる人ってのはおそらく前のシリーズも観てて、いろいろな謎が投げっぱなしのまま終わったからその続きをってのが多いだろうかね。
気になるポイントは、

①あの赤ちゃんと包帯男は何なんだ?
②坂本龍馬はどうなるのか?
③先生は現代に戻るのか?
④先生とおっぱいの仲はどうなるのか?
⑤あんだけ医療の針を早めまくって大丈夫なのか?


あたりだろか。
もちろん原作ありきなので上記はどれも解決済みなんだけども、ドラマはどうも微妙に変えてきてるからどうなんだろねそこらへん。
大筋は変わらないと思うけどもさて。
2011/ 05/ 22(日) 22: 49: 18 | テレビ・映画 | この記事のURL | コメント:3 |
コメント
この記事へのコメント
長崎で眼科の手術をし、田中久重(からくり儀衛門)に会うところは原作にあります。ただ、龍馬に会って、彼の「裏稼業」を知ったり、第二次長州征伐の様子を見、龍馬と反目していくところは、ドラマオリジナルですね。前シーズンでも、かなりオリジナルの設定はありましたが、今回は第一回の禁門の変はじめかなり豪華ですね。
ただその戦争シーンを通して、「殺される前に殺すべきだ」と言う革命家の龍馬と、「暴力は暴力しか生まない」という現代人で医師の仁先生の対立というドラマが展開されているのは、面白かったです。
2011/05/23(月) 15:20:32 | URL | よしぼう
お久しぶりです
田中久重は東芝の創業者なのでひょっとしたら…
と思ってたら、提供スポンサーだったので知人と大爆笑しましたw
まぁ、歴史モノにはこういったお遊び(?)もアリかな、と
2011/05/23(月) 21:28:25 | URL | 人似鳥
>よしぼうさん
ドラマはだいぶ原作と違いますね。
7話の感想にも書いたけども、次の8話どうも丸々オリジナルっぽいし。
前回のシリーズってそんなにオリジナル多かったでしたっけ?
あんまり覚えてないや。

現代から来た人間からするとあの時代はあーいうもんなんだから暴力も仕方ないと思うかもしれないですが、先生は医者ですからねぇ。
やっぱり普通の人間がタイムスリップするよりも思うところがあるんじゃないですか戦争に。

>人似鳥さん
おお、久しぶりですね。
お遊びというか、もしかしたら番組スタッフそういう理由でスポンサーにならない?って営業したのかもしれませんね。
前シリーズでもヤマサかなんかの企業出てませんでしたっけ?
2011/05/29(日) 22:42:36 | URL | あるてぃ
コメントを投稿する
URL:
コメント:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。