立ち読みのススメ
ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/ --/ --(--) --: --: -- | スポンサー広告 |
コンビニ行ったらマンガの総集編みたいなのがあったので立ち読み。
ちょうど第1話と今回の2話のあたりの話をやってたんだけども、やっぱりいろいろと忘れてるなぁと。
基本スーパージャンプで連載してたときに毎回読んでただけでコミックで読み返してなかったのよ。
なので前回の感想で書いた佐久間象山が未来へ行ったのってドラマオリジナル?ってのはそうじゃなくて原作通りだったわ。
いやー全然覚えてなかった。
あと忘れてたのがおっぱいのお母さんへのお菓子。
アンドーナツは覚えてたけども、原作だと他にもプリンとかサブレを作ってた。
富林(プリン)みたいな感じで。

他にも忘れてたのがありんすの存在。
前作のドラマラストでありんすどっかへ旅立って終わったから、てっきり原作もそうだと思ってたんよ。
いや実際ありんすこの後どっか行くんだけども。
でも原作でも今回の時点ではまだ江戸にいたんだ。
しかも仁友堂で働いてたし。
その原作に合わせるためか今回ありんすが戻ってきたわけだけども、前作ラストであんな感動的に別れたのにあっさり戻ってくるってどうなのよ?w

仁友堂にお金がないってのは原作の頃から結構不思議だったりした。
確かにあの時代からしたら特殊な工具ばっかで金かかるのはわかるけども、クチコミ評判で患者がいっぱい来そうな感じするんだけどな。
低価格で受診してんだろか。
せめて門弟のお給料くらいはねぇ。
おっぱいは好きで働いてるだろうからいいかもだけど。
まぁ門弟達も摩訶不思議な医療術が見れるからむしろお金払ってでもそばにいたいわな。

今回の牢屋シーンは原作でも結構衝撃だったので覚えてた。
原作の作中時間だと11月みたいで、囚人が水をひっかけていくのとほぼ裸ってので先生がガクガク震えるシーンがあったんだけども、ドラマだからそういう描写はなかったね。
あとゴキブリだかネズミだかが先生の体を這うシーンもあったけどもそれもなかったねぇ。
どうやって助かるかなんとなく覚えてたんだけども、今回のラストシーンの展開と次回予告シーンでもうバレまくりだな。
にしても牢名主、都合よく体調崩しすぎだわw

今後の展開どうなるんだっけなー。
もう覚えてないや。
沖田総司が結構出てくるはずなんだけどもさて。
あと猫。
2011/ 04/ 24(日) 22: 34: 49 | テレビ・映画 | この記事のURL | コメント:0 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。