立ち読みのススメ
ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/ --/ --(--) --: --: -- | スポンサー広告 |
以前から名前だけは知ってた少女マンガの『ちはやふる』を読んでみた。
百人一首のマンガということだけども・・・普通におもしろい。
以前チャンピオンでも百人一首のマンガがやってたけどもいつのまにやら連載が終わってて、いつしか釣りマンガやってる作者のより全然面白い。
こりゃ色々と話題になるわなぁ。

読み上げられた札を相手より先に取るだけ、という単純なルールの中にも様々な戦術があり熱いったりゃない。
そう、熱いんだよなんか。
作者が自分でツッコンでたけども、少年マンガとしても十分通用すると思う。
つーかね。
何が良かったって、少女マンガなのに恋愛描写がほとんどないのがいいわ。
最初のメインキャラが少年2人少女1人だったので、うわこれまたベタな配置だと思ったけども。
そこまで恋愛してないんよね。
そりゃゼロではないけども恋愛よりも百人一首の勝負!って感じがまた少年マンガっぽい。

この感じ、以前もあったなぁと思ったのが『しゃにむにGO!』だわ。
あれもほとんど恋愛描写なくて少年マンガ並のテニスやってた覚えがある。
途中までしか読んでないので今も連載してるのか完結してるのか知らんけども。
あのマンガは恋愛描写は少なかったけども、これまた少女マンガの定番である親との確執が結構あったような覚えがある。

いつものようにマンガ喫茶で読んだんだけども、以前途中まで読んでた『のだめカンタービレ』を最後まで読んだ。
感想はうーむ、だな。
なんか残念だ。
おそらく映画版のラストは普通に読者が望んでたような展開になると思うのだがどうだろか。
2010/ 01/ 07(木) 00: 16: 15 | マンガ | この記事のURL | コメント:0 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。