立ち読みのススメ
ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/ --/ --(--) --: --: -- | スポンサー広告 |
■三重県には売ってませんでした。
土日とちょいと三重県まで行ってたんだけども、行く本屋行く本屋全然売ってないでやんの。
名古屋帰ってきて本屋行ったら普通に売ってたからよかったわ。
両方とも新刊コーナーに平積みされてて、オレが買った時点であと2冊ずつくらい残ってた。
結構売れたんかな。

マテリアル・パズル~彩光少年 2 (ガンガンコミックス)
マテリアル・パズル~彩光少年 2 (ガンガンコミックス)土塚 理弘

スクウェア・エニックス 2009-02-21
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ではこちらから。

■幼面祭
連載当時の感想はコチラ

この後掲載されてる「パンドラボックス」の話を読むと、この話のムリアとグリムの力関係みたいなのはなんか違和感を感じるなぁ。
あくまでクードラドールはグリムの姿をしてるだけであって、ムリアに絶対服従する必要はないと思うんだけども。
姿だけじゃなくて、性格的なものもオリジナルのグリムみたいになってるんか?

■彩光少年 全開と全開
連載当時の感想はコチラ

ラスボスの一角であるブライクブロイドの禁断魔法<真紅虎龍牙>の能力が垣間見えた回。
作者のコメントによるとあの爪と槌(玉のことか?)はなんでも斬ってなんでも砕くのだとか。
それだけでも最強なのに・・・、と。
実際無限増殖魔法らしいので、自分の血から自分と同じ強さを持った分身を無限に作れるんだろか?
だとしたら最強すぎるわな。
血を変換させてるのならば、血がある限りいくらでもいけるわけか。
でもそれだと無限じゃなくて有限じゃね?

■パンドラボックス
連載当時の感想はコチラ

AD1568か。
ゼロクロイツの世界はなぜか大地の記録に残ってないってことなので、もしかしてこのADより前のことなんかな?
紀元前?
よく考えるとこの巻ってグリムばっか出てくるね。

■彩光少年 終わるひとつの物語とはじまえるふたつの物語
連載当時の感想はコチラ
コチラっていうかこのときは結婚式の前日で、いつもみたいな写真付きの感想なんて書ける余裕なかったし、この箇条書き感想もよくもまぁ書けたなぁって。
次の日式だってのにまだ準備が完璧じゃなくて作業やってるのに旦那がマンガの感想書いてるんだもん。
そりゃ奥さん怒るわな。

さてこの話。
ガンガン3月号の作者コメントで言ってた描き下ろしが満載の話。
まずはジャンクーア、ジール・ボーイ VS 舞響大天。
DSC02025.jpg
チカラを貸してやろう、だもんなジール・ボーイ。
同じ5本の指なのになんだか偉そうだな。
ていうか元々顔見知りなんかな?
なんとなく5本の指同士ってお互い会ったことなさそう。(コルクマリーとジャンクーアは別として)

DSC02027.jpg
「邪魔だ 引っこんでろ」と。
せっかくの申し出に対してこちらも無粋な応答。
2人ともあんまり協調性なさそうだしな。
でも2人とも悪いことを許さなそうなので案外気が合いそうだ。
そしてここでジャンクーアが言ってるセリフ。
結界がなければ俺一人で十分だと。
つまり逆に言えば結界があって相手が禁断魔法使ってきたらどうしようもないわけだ。
魔法<エッグ>のレベル120あるけども、それでも禁断魔法<ヘルキルデスベル>にはどうしようもないわけか。

禁断魔法が使えない状況で相手は5本の指2人。
さすがに分が悪そうに見える舞響大天。
だが突然関係ないことを話し出す。
死んだ三十指の魔法はどこへ行ったのか。
DSC02026.jpg
それは、
DSC02028.jpg
舞響大天がいつでも操れる!
ってわけじゃないんだろうけどもまさかここで<妖老裸骨蛇>が出てくるとは!
ってことは何かい。
過去に死んだ三十指の魔法は全部使えるんか?
えーと、アビャクの<ブルーリングス>、ガシャロの<叫星魔渦>、メイプルソンの<ディシーヴワールド>、カイザートの<超覇導天武刻輪連懺吼>、ボブリッツの<ウィンクルディレクター>、ヨマの<ムーンアデルバ>、太陽丸の<修羅万華鏡>、月丸の<夜叉水晶>かな。
これ全部使えるのか?
もうM・Pティトォ以上に卑怯キャラじゃないか。
見たいのは<超覇導天武刻輪連懺吼>だな。
あるいは舞響大天がガムをクチャクチャ噛みながらの<ディシーヴワールド>も見てみたいw

そっちが蛇ならこっちは龍だ、ってことで、
DSC02029.jpg
以前のメルチナ戦のときのようなタメはほとんどなしでの<八ツ首卍龍>発動。
そんな魔法が乱れ飛ぶ中ジャンクーアは、
DSC02031.jpg
なんか口から吐いてるしw
とか思ったら、   
DSC02032.jpg
なんか出た!
以前ジャンクーアが修行してるシーンで目の前になんか浮いてた描写あったけども、てっきりツボかなんかだと思ってた。
まさか魔法名そのままの卵だったとは。
そしてその卵、産まれていきなり罅がはいる。
DSC02034.jpg
<エッグ>って魔法なのに、まるで中身に話しかけてるみたいだね殻を破れって。
DSC02033.jpg
でも続いて産まれろ、食えとか言ってるからやっぱりあくまで卵の中のものが<エッグ>の正体か。
舞響大天の<妖老裸骨蛇>を消滅させてるような描写があるから、相手の魔法をそのまま食べるような魔法か?
単純に相手の魔法をそのまま吸収してそのエネルギーを放出するってのだとありきたりだわね。
しかもそれだとカウンター魔法みたいで、パワーだけならジャンクーアに次いで、とか言われてたのに違和感。
結局<エッグ>がどんな魔法かわからないまま終了。
4章に持ち越しということで。

この後は本誌とほぼ同じだったと思われ。
多少の追加カットはあったけども。

そして2年後の話。
ジャンクーアの息子と娘が出てくるとこまでは一緒。
DSC02042.jpg
まず息子。
連載当時、頭の横にあるのはなんだろか?とか思ってたけどもどうやらホントにそういうものみたい。
生えてる?
DSC02043.jpg
そして娘。
こちらも連載当時この娘の額の螺子はなんなんだろか?とかおもっていたら、
DSC02036.jpg
まさかのマジ螺子!
なんじゃそりゃ。
息子のセリフで「おかしくなった大地を元に戻せばいいんだろ」みたいなのがある。
クードラドールの影響で人間全部に変なものがくっついた世界ってのは?
兄の髪のとか妹の螺子とか。
でも妹の螺子。
螺子が緩むことがあり、締めると元気になるってんだからなー。
どういうことだろか?
これはおかしくなった大地とは関係なく、2年前の時点からこうだった?
螺子が4章の世界で重要な要素だとしたら。
それは『ゼロクロイツ』のロボットと何か関係してるんだろか。

そして作者コメント。
「デュデュマをも吸収したクードラドール」とかあるんですけど。
マジすか。
そういうのはできれば本編でやってほしかったんですけども。
うーむ。
デュデュマが吸収されて星の守護神がいなくなったから、大地がおかしくなった?
大地がおかしくなったから通常じゃ考えられない大きさの野菜が収穫できるようになってきた?
だから世界でかい野菜大会が開かれる?

■リゼルくんとリーゼさんと
連載当時の感想はコチラ
これはまぁスルーでいいでしょう。

■月丸さんと太陽丸くんと
連載当時の感想はコチラ
これもまぁ本編とまったく関係ないからいいや。

■おまけファイル
『ゼロクロイツ』にでてくるクロイツのネタバレみたいなのがあるねぇ。
これによるとベルジが起動させたのが<フェーダードライ>っぽい。
DSC02045.jpg
ドイツ語で「羽、3」かな。
飛べるんかしら。

2つ目が<シルトツヴァイ>
DSC02046.jpg
ドイツ語で「盾、2」だな。
防御タイプか?

そして近日本誌で登場予定らしい<フラメアインツ>
これもドイツ語で「炎、1」になる。
この時点で3体のクロイツがいるわけだ。
なんとなくミト様のクロイツはこの<フラメアインツ>じゃないかな。
炎使ってるっぽいし。
タイトルのゼロクロイツって名前のクロイツがいてもよさそうだけども、その場合直訳すると「0、十字」になって数字と言葉が他の3体と違うしなぁ。
ちなみにドイツ語だと4以降はフィア(4)、 フンフ(5)、ゼクス(6)、ズィーベン(7)、アハト(8)、ノイン(9)、ツェーン(10)と続くみたい。

続けて『ゼロクロイツ』1巻の感想を書きたいとこだけども時間ないし腰痛いから今日はもうやめます。
明日書くかも。
でも特に書くこともないから書かないかも。
2009/ 02/ 23(月) 00: 15: 09 | マテリアル・パズル | この記事のURL | コメント:11 |
コメント
この記事へのコメント
こんにちは やっと手に入った
クゥ&ムリア あんまり気に障る事してムリアに捨てられると(距離をとられる?)人間の形を維持できなくなったりとかするんじゃないのかな? すべて消し去るのは最終手段みたいな感じかなと思ってます クゥが自分で存在変換するかどうかを決めたのは友達ができたからなんだろうな
ジャンクーア ん~ ジャンクーアの言っているのは単純に魔法なしの三大神器(おそらくクゥ除く)なら勝てるってとこじゃないですかね? 正直結界ってただ神器を安定させることぐらいしかできなさそうだし 魔法のほうは卵を出してそこから何か(任意の生き物?)を出して操れるってところかな なんとなくですがエッグが食べたものが力(魔力)に還元されるとかありそう
三大神器 てっきり戦隊もののお約束再生怪人軍団でもやると思ったら三大神器に還元か うまくは操れないでしょうが魔力が半端ないし複数(同時に?)使えるんだから本とずるいな 怪獣二、三匹じゃあどうにもならないだろ
その後 デュデュマ吸収はまあそんな感じはしてたのでいいかな むしろ螺子のほうが気になる 兄ちゃんのほうもあれをいじくらないと体調が悪くなるのか? そして御風 なんか顔のアップばっかりだけど体大丈夫なのか?
クロイツ この時ほどドイツ語とってて良かったと思った時はない 結構いろんな種類があるんですね その時のノリでいろんな形のが生まれたのかな? ところで腹の角って意味あるのかな? できればゼロクロイツの感想もみたいです では
2009/02/24(火) 19:03:38 | URL | south
どうもです!
書き下ろしで思いついた事なんですが、舞響の魔法はヘルキルデスベル。
あらゆるものを自殺させる禁断魔法。
さっき、舞響が放った魔法は妖老裸骨蛇ですよね。
エイキは自殺したのと関係ありそうじゃないですかね?
2009/02/25(水) 23:31:22 | URL | 天空
>southさん
禁断魔法使わなかったら確かに三大神器とはいえそこまで強くないわな。
実際ブライクブロイドさんやられてたし。
卵ってくらいだから何かが孵化するのかもしれんけども、なんとなく違う気がするんだよなー。
それだとあんまりパワータイプって感じしなくない?
ジール・ボーイの魔法はもうまんま破壊力って感じだから納得だけど。

2年後のミカゼは確かに謎だわね。
面倒だったからあえてそこらへん記事にしなかったけど、本誌の場合も描き下ろしの場合も、どっちもミカゼの顔をちゃんと描写してないのは気になる。
最初死んだのかと思ったけども返事してるから生きてるっぽいし。
じゃあなぜ顔描かないんだろ。
まだデザイン決まってないんだろか。
『ゼロクロイツ』の感想は…まぁ気が向いたらやるかも。

>天空さん
さすがにそりゃないでしょ。
あの場に舞響大天がいて彼女が魔法で自殺させたのならそういうこともあるかもしれないけど。
単純に三大神器クラスの魔力があるとそういうことができるんじゃないかな。
でもブライクブロイドはそういうの興味なくて、クゥはそうじゃなくても最強の魔法使いなので舞響大天がおもしろがってる使ってるとか。
2009/02/26(木) 00:59:03 | URL | あるてぃ
こんにちは 何度もすいません
冷静に見直すとエッグの効果音って「ガオン」ですよね・・・ そして食には月食、日食のように欠けるという意味があります なんかザ・ハンドやクリームみたいなものかもしれませんね
2009/02/26(木) 02:00:44 | URL | south
>southさん
空間をえぐりとるような能力?
まぁ属性が<食>だからすべてのものをなんでも食べれるとかあるかもね。
でもどうしてもそれと破壊力ナンバー1が結びつかないかな。
2009/03/02(月) 00:26:13 | URL | あるてぃ
はじめまして!いつも拝見しております。

デュデュマをも吸収したクードラドール… って!
さらりとした梅酒のように重要ネタを明かしてくれますね、土塚先生って人は。
じゃあグリンが大昔の謎を見て来て、たとえば魔王の骨=クロイツが復活、使えるようになったとしても意味がない?デュデュマ自体が吸収されてしまっては…。ゼロクロイツやってる意味は?4章に出るんでしょうか?デュデュマの残りカス的な感じで…。

クードラドールがデュデュマを吸収=星の核が星の核を吸収。変換でなく吸収。暴走して大地もおかしくなりますよね。その余剰エネルギーが裁きの星でしょうか?なんせ星2個分のエネルギーですから。

あと、20巻の神無の予告のギャラクシックナイトメアってかっちょいい魔法の名前じゃなくて、吸収→大地暴走→裁きの星誕生という現象の名前だと思えてきてます。暴走して星1個増えたことで銀河的にも悪夢のような変動が起こってもおかしくないですし。
とすると4章開始時の2年後というのはギャラクシックナイトメアから2年後、というふうに呼ばれてるのかもしれませんね。と妄想してます。
2009/03/02(月) 03:27:56 | URL | ひじき
>ひじきさん
いつもありがとうです。

そういやそうだねぇ。
もしグリンがメモリア女王の言う通りに魔王の骨や<命七乱月>の秘密をつかんで現世に戻ったとしても、相手はもうただのクードラドールじゃなくなってるわけだ。
通用するんかな?

ギャラクティカナイトメアと裁きの星の関連かー。
なるほど。
確かにクードラがデュデュマを吸収したなら星2つ分のパワーになるから、それで1つくらい星ができてもおかしくないかもね。
おかしいのは、コクマが裁きの星に心当たりがあるかのような描写かな。
なんで知ってるんだろ?
2009/03/03(火) 00:51:50 | URL | あるてぃ
なんでも砕く真紅虎龍牙の槌でプリセラの頭砕けてませんね。砕けたら困りますが(笑)あの槌むかしより大分大きくなってますが?なんでも切れる、砕けるとかw本当になんでもなら時間、空間、因果律とかまで砕けるなら確かに無敵ですが。
2009/03/03(火) 21:40:06 | URL | ふぶき
>ふぶきさん
まぁそこは<真紅虎龍牙>よりも単純にプリセラの方が強かったってkとにしときましょう。
というかあの武器の部分はおまけみたいなもんだろうし。
2009/03/05(木) 00:40:58 | URL | あるてぃ
遅くなったけど、いまさら感想。

>書き下ろし

舞響の妖老裸骨蛇を見て、真っ先にハーメンルのバイオリン弾きにでてきたドラムやギータを思い出したなぁ。あっちはヒュドラだったけどw

にしても影鬼は足一本につき一匹みたいな感じでしたけど舞響大天は何匹も同時に出てるのは使い手の実力や性格の差なんだろうか...腕じゃなくて指を蛇に変換してる?

あと紫大将は一生使って欲しくないなぁ。想像するとなんかエロっぽくなるから(ぉぃ)

>エッグ
まんま魔法が卵より、使用するのに吐くようなポーズのジャン先生が印象が強くて困るw

<エッグ>は真紅虎龍牙のように生きた魔法じゃないのかなぁ。
もしくは暗黒魔眼球みたいに魔法器具=魔法みたいなかんじとか。
結局魔法器具も不明だし...。シルエット時の壷っぽいのが器具かと思ってたらまんま卵だったし...。

パワー云々は魔法の威力というより、単に総合的な実力な意味じゃないかなぁ?
マリーは力より技で純粋な意味でのパワーは5本の指じゃ一番低そうだ。

夜馬は強かったけど回復力が最大の脅威で、ジルみたいにジャベリンズを打ち返せるような出力を持った攻撃はなかったと思うし...(実際回復を封じた時点で決着ついてると土塚さんも20巻でコメントしてるし)
ナトラレーゼは今の時点では予想不可だけどw

>ジャン先生の子供

名前が出てくると期待したけど出なかったのが残念。

頭のなんか(歯車?)や、額の螺子はなんだろう?
最初はムリアの星の人の特徴かと思ったけど、ムリアにそんなっぽいのないですしね。複線なしでそんなことしないでしょうしね。この作品だと特に...。
ということはゼロクロで深くかかわるのかな?と期待。

>黒魔

4章でアクア探しにレーダー役で(無理やり)仲間にさせられそうだ。
レイジーのアクアセンサーは健在らしいですし。



>ゼロクロ個人的予想

デュデュマの伝説にある「―世界は滅んだが人類は生き残った」の行が気になってるんですよね。自分w
世界が滅ぶと言うのは大地の存在変換っぽいですし...。

虹との決戦に負けて→世界の存在変換してロボットの存在を無かったことに→色々あって出来上がったのが本編の世界。とか。

螺子とかあるのはデュデュマがいなくなって、大地が狂い存在変換で大地に封印されたロボットの存在が人に混じって特徴に出た...

こんな感じで推理...。
と言っても、マテパで先を予想して当たったためしは無いんですけどね...だからこそ好きで4章が楽しみなんですけどね...。


クゥは最終的に心を取り戻し(もしくは自我が生まれて)自分の意思で星のコアになって大地を正常な形に存在変換して終わる気がする...。
どうもクードラドールを倒して終わるという展開は納得できないですしw
2009/03/07(土) 17:43:39 | URL | オーバーロード
>オーバーロードさん
やっぱり魔力によって同じ魔法でも別の効果になるんじゃないの?
なので三大神器クラスが<パイナップルフラッシュ>を使うととてつもない熱量が放出されるとかw

コクマは<霊磁砲>の伏線がまだあるから活躍というか出番はあるだろね。
でもドルチルは正直いなくていいなぁ。

なるほど。
1回大地がすでに存在変換してるとなれば、女王メモリア様が言ってたなぜか大地の記憶にない、ってのも納得できるかも。

ネジはどうしてもロボットとの関連を感じるわね。
今まで特に機械っぽいの作中になかったし。

クードラドールがラスボスじゃなかったとして誰だろねぇ。
やっぱりアラダパタか?w
2009/03/09(月) 00:39:50 | URL | あるてぃ
コメントを投稿する
URL:
コメント:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。