立ち読みのススメ
ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/ --/ --(--) --: --: -- | スポンサー広告 |
来年の今くらいから始まる裁判員制度。
最近はちょこちょこテレビでも特集してるねぇ。
基本的に選ばれたら参加を拒否できないみたいだけども、オレとしては一度体験してみたい。
でも当然ながら参加したくない人だっているわな。

参加したいって人は、犯罪者に対して死刑とか厳罰を望んでるタイプの人が多いんじゃないかと。
「どう考えても死刑だろ!」って事件に対して無期懲役とかの判決が出ると憤りを感じるような人たち。
そういう人たちは仕事の都合とか置いといたら参加してみたいんじゃないかなーって。
どうだろ。

でも思うんだけども。
「どう考えても死刑だろ!」って思ってるような人の中には、いざ自分が裁判員になったときもそう言えるんだろか。
ニュースとして見てるときは傍観者だから死刑死刑言えるけども、自分の判断で死刑を選択して、実際に死刑執行されたら・・・
そう考えるとムリだわぁって人が多くて、案外死刑は減るかもしれない。(オレはそれでも死刑選択するけど。)
そうなると死刑の次は無期懲役になるわけだけども、どうも早い人だと10年で出所できるらしいね。
平均すると25年らしいが。

今日昼にやってた「たかじんのそこまで言って委員会」観てたら、なんでも死刑と無期懲役の間に終身刑の導入されるかも、みたいなこと言ってた。
終身刑なので、もう死ぬまで刑務所の中。
死刑にするには忍びないけども、無期懲役で10年で出てくるのも遺族感情としてはいただけない。
ならば一生牢屋の中で・・・って意味で終身刑はいいのかもしれない。
けども番組の中で専門家は終身刑はおそらくありえないって言ってた。

まず囚人側からすると、何をどう反省しても規律正しくしても絶対に報われずに死ぬまで刑務所から出られない。
そうなるとやっぱり精神的におかしくなるらしい。
まぁそんなの知ったこっちゃないと言えばそうなんだけども、終身刑の場合だと刑務所で働く看守の人も困るみたい。
ようするに看守の仕事は囚人を社会へ復帰させることの指導なんだけども、終身刑の囚人の場合社会復帰が認められてないのでどう指導していいかわからんのだとか。

難しい問題だねぇ。
番組中でも誰かが言ってたし、先週くらいのプレイボーイでダウンタウンの松本人志が言ってたけども、島流しを復活させてはどうかと。
無人島に放り込んで自給自足の生活。
これなら刑務所が足りない問題も解消するし、税金使わなくてもいいし。
もし島から脱出しようとしたらもうそこは死刑で。

あと1年でもうちょっと詳しいこととか決まっていくだろうけども、さてうまくいくんかねぇ。
2008/ 05/ 25(日) 23: 25: 36 | 日記 | この記事のURL | コメント:4 |
コメント
この記事へのコメント
確かに死刑と無期懲役の中間がないのは気になってました。
島流し発言は初めて知りましたがいいアイデアですね。
まあ島の監視に結構お金かかりそうな上に、
島の人口が増えるとそれこそ地獄絵図と化しそうですが。
(まさか一島一人だけでもないでしょうし)

以前言ったような気もしますが、
前に別のサイトで見た、刑の年数をアメリカ同様加算式にして
実験や薬の被験者になる事で減刑していくってシステムなんかいいなと思いました。

社会に損害与えておいて、その上でなお税金やら使って生かしとくってのが我慢ならんですよ。
2008/05/26(月) 20:51:40 | URL | 星詠師
基本的に賛成、でも流し先が無いよね。
何処に送ろうか?
シルミドみたいに暗殺部隊作るのも悪くないよね。

ちなみに性犯罪者は宮刑で去勢。
2008/05/27(火) 15:59:10 | URL | バタ
>裁判員制度
はい、参加したくない人です。
やっぱ有罪にした場合のお礼参りが怖いです・・・。
2008/05/27(火) 23:52:36 | URL | gen
>星詠師さん
島は絶海の孤島を探せば結構あるんじゃないかな。
でもって島人にはGPSの何かを埋め込んでいて、島から出ると爆破するとかw

人体実験は個人的には全然いいと思うけども、アホみたいな人権団体がいるから絶対ムリだと思う。
裏でこっそりやるならいいけどね。

>バタさん
無人島くらいあるんじゃないです?
まぁなければ地下50階とかw
去勢いいですよね。
それくらいはしろよ政府って感じです。

>genさん
でも懲役10年とかの場合覚えてますかねぇ。
というか、裁判所で我らの顔って丸見えなんでしょかね。
かなり危ないような。
2008/05/28(水) 00:18:40 | URL | あるてぃ
コメントを投稿する
URL:
コメント:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。