立ち読みのススメ
ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/ --/ --(--) --: --: -- | スポンサー広告 |
先日に続き【痛いニュース】からの引用だが。
【【光市・母子惨殺】 元少年、殺意を否認 「甘えたくて抱きついた」「抵抗されたからパニック状態に。危害与えるつもりなし」】

※事件概要
・アパートで主婦、本村弥生さん(当時23歳)を暴行目的で襲って殺害。遺体を陵辱後、母の遺体に泣きながらはって寄ってくる夕夏ちゃん(同11カ月)を持ち上げて床に叩きつけそれでもなお母の所へ来ようとするところを絞殺。財布を盗んだ。
 山口地裁は(1)犯行時は18歳と30日で発育途上(2)法廷で涙を浮かべた様子から更生可能性あり(3)生育環境に同情すべき点あり、などから無期懲役を言い渡した。

※元会社員が知人に出した手紙など
・「無期はほぼキマリ、7年そこそこに地上に芽を出す」
 「犬がかわいい犬と出合った…そのまま『やっちゃった』…罪でしょうか」
・(被害者に対して)『ま、しゃーないですね今更。ありゃー調子付いてると僕もね、思うとりました。』

※安田弁護士(死刑廃止派)らの意見…弁護団は21人構成
・「遺体の強姦は、生き返らせるための魔術的儀式」
・「強姦目的じゃなく、優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついた」
・「(夕夏ちゃんを殺そうとしたのではなく)泣き止ますために首に蝶々結びしただけ」


以下ヤフーのニュースより転載。

 山口県光市の母子殺害事件をめぐる差し戻し控訴審の第2回公判で、元会社員の男性被告(26)=事件当時(18)=に対する被告人質問の主なやりとりは次の通り。
 《被告は紺色のジャケットに白いズボン姿。質問は排水の点検を装い、被告が本村さん宅に上がった場面から始まった》
 弁護人「作業が終わったと告げたら、弥生さんは何と言ったのか」
 被告「『ご苦労さま』という趣旨のことを言ってくれた」
 弁護人「それを聞いて、どういう気持ちになったのか」
 被告「とにかく甘えたいなという気持ちを持った。頭をなでてもらいたい気持ち。それで、弥生さんの後ろに回りこんで抱きついた」
 弁護人「弥生さんはどう反応したか」
 被告「抵抗するとは思っていなかったのに、立ち上がろうとした。お母さんに嫌われたような感覚になった」
 弁護人「『お母さん』とは」
 被告「中1のときに亡くなった実母。弥生さんを通して、実母の姿をみていた」
 弁護人「それで、どうなったのか」
 被告「弥生さんと一緒にあおむけに倒れてしまった。手足をばたつかせていたのを押さえようとしたら(プロレスの技の)スリーパーホールドの形になった」

 《席から立ち上がり、身ぶりも交えて説明する被告。傍聴席の遺族からはため息が漏れた》

 弁護人「弥生さんはどうなったか」
 被告「無我夢中でいたら、動かなくなった。『なんてことをしてしまったんだろう』と呆然(ぼうぜん)とした」
 弁護人「その後で覚えていることは」
 被告「背中に強い痛みを感じて振り返ったら、弥生さん、つまりお母さんが何か光るものを振り上げていた。振り払おうとして、弥生さんを下にして倒れた」
 弁護人「どう思ったか」
 被告「弥生さんにお母さんのイメージを抱いていたので、信じきれない思いになった」
 弁護人「それからどうしたのか」
 被告「弥生さんを押さえつけていたら、徐々に力がなくなって動かなくなった。それでも、さっきは気絶していた弥生さんから反撃されたので、押さえ続けていた」
 弁護人「どうなったか」
 被告「視線を向けたら、弥生さんののどを僕の手が押さえていた。信じられない状況に陥ってしまった」

 《検察側は被告が弥生さんに馬乗りになり、首を絞めて殺害したと主張。これまでの判決も、検察側の主張通りに認定している》

 弁護人「乱暴しようと思わなかったか」
 被告「全くない」
 弁護人「その後は」
 被告「粘着テープを取りにいった。お母さんが変貌(へんぼう)するのを止めるため、手を縛ろうと思った」
 弁護人「『変貌』とはどういうことか」
 被告「お母さんに何かがとりつくような感じ。お母さんは暴力をふるわないし、抱きとめてくれる存在なのに」
 弁護人「それからどうしたのか」
 被告「弥生さんの服を胸のあたりまでずらし上げた」
 弁護人「なぜそんなことをしたのか」
 被告「女性なので、恥ずかしがって反応するだろうと思った」
 弁護人「この時点で弥生さんが亡くなっているとは思っていなかったのか」
 被告「思ってないし、思いたくなかった」
 弁護人「その後、弥生さんの胸を触るなどしたのはなぜか」
 被告「赤ん坊に戻りたい心境だった。反応を示してほしかったが、それ以上に甘えたかった。その後で、亡くなっているのに気づいた」
 弁護人「そのときに赤ちゃんの姿が目に入ったのか」
 被告「泣いているのに気づいた。泣く原因を作ったのは自分なのであやそうとしたが、弥生さんを死なせてしまった直後で力が入らず、赤ちゃんは頭から落ちた」
 《これまでの判決は、被告が本村さんの長女、夕夏ちゃん=当時11カ月=を頭から床にたたきつけたと認定している。この日の尋問はここまでで終了。被告は退廷時、遺族らが座る傍聴席に頭を下げたが、視線を向けようとはしなかった》


死刑反対派のアホ弁護士どもが書いた脚本なのかコレは?
なぜこんなクズ(ですらない)が8年も生きてるんだろ。
なぜこんなウソだらけの証言を裁判という神聖な場(なのか本当に?)で言えるんだろう。
よくわからんけど三権分立はどこいったん?
司法があきらかにおかしなことしてるから、行政と立法(だっけ?)の残り2つがどうにかするんじゃないの?
なんでコイツさっさと死刑にならないの?
「反対派の人たちの身内がコイツに犯され殺されても死刑反対なの?」とベタなことはもう言わないけども、実際反対派の人はこの裁判のやりとりをどう思ってるん?
「ガンバレ弁護士と被告!もうすぐ死刑を免れるぞ!」とか応援してたりするん?
マスコミでもっともっと大きく取り上げてほしい。
2007/ 06/ 26(火) 22: 58: 41 | 日記 | この記事のURL | コメント:10 |
コメント
この記事へのコメント
18歳で成人とし選挙権を持たせる議案がありますけど、どーするよ、成育途中だって…。
日弁連に脅迫状が送られてるようだけど、あったり前じゃない?
この弁護らの家族が殺されてみたらいいと思う(カゲキ発言だね)
絶句だよ…。
2007/06/27(水) 20:35:40 | URL | りみ
ますます更生の余地がないよ・・

尊いのは全うに生きてる人間の命
この弁護士団だって人間に害を与える害虫は殺すくせにね・・
2007/06/27(水) 23:17:19 | URL | 三戻
>りみさん
選挙権もっても行かない人多数だろうに。
大人だってまともに行ってないのに。
実際弁護士は殺されたらどう弁護するんだろうね。
過去に1件くらいありそうだけどねぇ。

>三戻さん
弁護士団って一枚岩なんでしょかねぇ。
何人かは疑問を持ってる人いそうですけどね。
いなかったらもう終わりですが。
2007/06/27(水) 23:57:56 | URL | あるてぃ
罪の無い人間の命て意外に軽かったんですね。
二人殺しても倫理感が狂った弁護士雇えば死刑を免れそうなくらいですから・・・
安心して他人と接する事ができない時代ですね。
2007/06/28(木) 04:16:21 | URL | 細針
法律で想定してる悪さの度合いを完全に越えてますね・・・
2007/06/28(木) 19:32:49 | URL | 星詠師
>細針さん
ホントまったく持って被害者がかわいそうだし、遺族がかわいそう。
人としての理性が欠片でも残ってるなら、謝罪の言葉なくてもいいからすぐ死んでほしいですわ。
みんなで投石処刑したいですわ。

>星詠師さん
法の人間がコレだもんねぇ。
なんかこの事件、犯人死刑になるか心配になってきた。
2007/06/28(木) 23:51:39 | URL | あるてぃ
自分は
「冤罪だった場合に執行後の取り返しがつかない」
てのと、
「真犯人だった場合は苦痛のない死刑は生温い」
って意味で
死刑反対派ですが、この事件の犯人が
これだけアホな言い訳を
言い募れるほど
死が恐ろしいならば、案外今の死刑でも
効果あるのか? と思いました。

というか、今回の弁護団の作戦は、
死刑反対派にとっては結果的に
マイナスにしかならないと
思うんですが……
2007/06/30(土) 11:06:40 | URL | toto
>totoさん
冤罪ってのは確かにごくまれにあるから問題ですけども、あきらかに誰がどう見ても犯人っていう状況のときは死刑でいいでしょ。
今回みたいな。

苦痛のない死刑ってのはよく言われますね。
苦しませてから死なせたい、みたいな。
感情的にはわかるんですよ。
殺された人と同じ苦しみを!ってのは。
でも倫理的な面で絶対ムリでしょね。
そこらへんは闇の部分で執り行われてほしいですね。
2007/07/01(日) 14:19:40 | URL | あるてぃ
確かに今回のように、明らかに犯人が死刑を恐れていて、
遺族も犯人の死を望んでいる、という場合は
死刑が最も効果のある選択なのかなあとは思います。

私自身はどちらかというと、
同じ苦しみを味あわせてやれないのならば
解放なしの終身刑を! と思うのですが、
(自分が犯人ならそちらの方がずっと苦痛なので)
今の日本ではそれが無理な以上、やはり死刑が
最も等価の刑罰になってしまうのかもしれません。
2007/07/01(日) 23:08:37 | URL | toto
>totoさん
そうですね。
去年でしたっけ?
死刑囚が死刑を望んでいたために異例の早さでの刑が執行。
望みどおりの死を与えるのは死刑なのかちょっと疑問ですわね。

ただ、それでも遺族が死刑を望んでるんならやっぱり死刑にすべきだと思うんです。

終身刑ってただただ死ぬまで刑務所の中なだけなんでしょかね。
強制労働は当然として、毎日何時間も拷問とかありなら終身刑もありだと思います。
2007/07/03(火) 22:12:34 | URL | あるてぃ
コメントを投稿する
URL:
コメント:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。