立ち読みのススメ
ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/ --/ --(--) --: --: -- | スポンサー広告 |
マテリアル・パズル 18 (18)
マテリアル・パズル 18 (18)土塚 理弘

スクウェア・エニックス 2007-03-22
売り上げランキング : 634


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

発売日だけど画像がつかないのは毎度のこと。
悲しいねぇ。
DSC00957.jpg

でもせっかく久しぶりの素顔ミカゼだから写真貼るか。


第105話 メモリア魔法陣と優勝者
連載当時の感想はコチラ

長かったメモリア魔法陣の最後の決着がつく話。
コミックス的には17巻の最後にこの話が入ってるときれいなんだけどね。
ところで。
DSC00958.jpg

こんなコマあったっけ?
描き下ろしか?
さらっと描いてる感じだけども、このアクアものすごくいいな。
あんまアクア好きじゃないんだけども、なんかこの画とセリフで一気に好きになった感がある。


第106話 メモリア魔法陣とその終焉
連載当時の感想はコチラ

2章のメインイベントであるメモリア魔法陣が終了。
そしてすぐに始まる2章最大の謎である斬り裂き魔。
過去に当ブログでもいろいろな予想がされたわ。
ようやくそれが判明しかける話。


第107話 剣仙と斬り裂き魔

そして斬り裂き魔の正体がついに判明する話。
連載当時の感想にも書いたんだけど、最後の最後までリィかマルチーノかどっちかわからない演出がよかった。
個人的にはメイプルソンとコルクマリーがどちらも「ボク」っていう一人称使ってたのがね。


第108話 死と死 そして死
連載当時の感想はコチラ

この話はタイトルがすべてを表してるわな。
昨今の人が全然死なない少年マンガ(主にジャンプ系)と違って、ちゃんと人が死ぬのがうれしい。
緊張感があるからね。

でも実際この話で死んだのってパンナケトルとカミッツだけじゃん。
とか思ったら。
名もなき人たちの死体がいぱーい。


第109話 切り裂きマリーとマルチーノ

5本の指としての斬り裂きマリー大活躍の話。
マリーさんの強さが圧倒的すぎる。
グリンの弱さが引き立つというか。
いまいちグリンってどれくらい強いのかよくわからんわね。


第110話 復讐心と好奇心
連載当時の感想はコチラ

このあたりから舞台が3つに分かれるんよね。
城での攻防。
<命七乱月>の継承。
そしてシャルロックと姉弟の戦い。
どれもちゃんと進行していってるので読んでて特に違和感なし。


おまけファイル
・メモリア魔法陣各試合解説
おお、まさかこんなのがあるとは。
これによるとメモリア魔法陣はまんまミカゼ主人公として描き、以下に決勝の相手をチョーと悟らせないようにしてたみたい。
実際本誌の予想結果ではチョーが優勝するって意見が1番少なかったんじゃなかったっけ。

作者は1回戦第3試合の、アクアVSリュシカVSイド戦が1番気に入ってるとのこと。
主人公が初戦敗退って意味では確かに結構衝撃的だったな。
オレが1番好きなのはどの試合だろ。
最初のミカゼ対エイキ戦も好きだし、リゼルVSカミッツVS太陽丸戦も何気に好きだったりする。
もちろん決勝のミカゼVSチョー戦も熱かったけどね。

ただ・・・
100話のブラックねこはどうしてもいただけない。
作者によると思いっきり確信犯でやってるし、むしろギャグをもっと入れてもいいとのこと。
うーむ。
人がちゃんと死ぬから、あんまり変なタイミングでギャグ入れると作品の空気がおかしくなっちゃう気がするんだよなぁ。
でもこのブラックねこについては当時の感想記事のコメント見ると、擁護(というか賛成)派も多い。
ここら辺はこの作者のギャグが好きかどうかなんだろうな。
オレは正直あまりギャグは好きじゃないので受け入れられなかったが。
しかしこのノリだと、絶対に150話でもやるな。
もしジャンクーアあたりの戦いの真っ最中だったらどうすんだろか。
やっぱり出てくるんだろうなぁブラックねこ。

・チョー
50歳か。
まぁそんなもんか。
普段は口調とかを変えてるらしいが、初対面でティトォに名刺渡してたのはなんだったんだろ。
カイザート達とカレーやプリンの話をしてたときも、実際はダークだったんだろかなぁ。

・カミッツ
24歳か。
もうちょっといってるイメージだったわ。
彼もカイザートと同じで、ある意味死ぬためのキャラだったんかなぁ。
できればコルクマリーに一太刀浴びせてから逝ってほしかったわ。
残念だ。


・次巻予告
五本の指の最後の1人だるナトラレーゼの肩書きがようやく判明したね。
守護騎士ナトラレーゼ。
<盾>の魔法使いってことで守護ってのはわかるけども、さてさて騎士ってのはどういう意味だろうかねぇ。
全身甲冑でどんな魔法も効かない、なんてベタなキャラではないだろうし。
しかも五本の指。
本編じゃヨマが覚醒しちゃっててとんでもない強さだけども、このナトラレーゼの魔法にも覚醒バージョンがあるんだろな。
<盾>の魔法なのに強力な強さを持つ、ってのがどんなだかものすごい楽しみだわ。
2007/ 03/ 23(金) 00: 41: 33 | マテリアル・パズル | この記事のURL | コメント:10 |
コメント
この記事へのコメント
しまった。
カミッツ死んじゃったんだった。
今の流れに集中してしまって、前のことをすっかり忘れてしまってたのです。
2007/03/23(金) 11:44:59 | URL | ジョルノ
カミッツ死ぬなんて…。
カイザードの次に好きなキャラだったのだが(´Д⊂
2007/03/23(金) 19:20:05 | URL | ハチ
個人的にはブラックねこについては、作者なりの考えと理由があるなら別に問題ないと思ってますから、何も言う気はありませんね。まぁ私は、同じくガンガンで掲載していた“ハーメルのバイオリン弾き”のような、シリアスとギャグをこれでもかと混ぜ合わせたものが大好きというのもありますけど・・
そしてもう一つの魔法陣の謎、グリンVSリゼルの戦いの様子も書いてくれて大満足・・・・っていうか、こっちこそむしろあれでいいんかい!!
そして試合的には、やはりミカゼの魂の叫びが響き渡るチョー戦が一番好きでした。彼は魔法使いではありませんが、ティトォ達と出会ってから、見て、感じて、積み重ねてきたものの強さは誰にも負けません。
あれは書き下ろしですね。土塚先生は単行本に結構こういう書き下ろし入れてくれるから好きです。願わくば、カバー下も欲しいですが。
2007/03/23(金) 20:10:49 | URL | コウ
>こんなコマあったっけ?
当時のガンガン引っ張り出して確認しました。
チョーの「だ…誰――…!?」の次のページから
「まさか………ミカゼ君………!?」の次のコマまで
丸々4ページ書き下ろしですね。
さらっといい仕事するなあ土塚センセ。
2007/03/23(金) 21:09:27 | URL | 星詠師
訂正。
×「まさか………ミカゼ君………!?」の次のコマまで
○「まさか………ミカゼ君………!?」の前のページまで
2007/03/23(金) 21:10:18 | URL | 星詠師
俺の好きなキャラランキング

1カイザート
2サン
3カミッツ
4ミカゼ

ミカゼは死なないだろうけど
サンまで死なれると…orz
2007/03/23(金) 22:24:58 | URL | ねこみこし
>ジョルノさん
ちょっとあっけなさすぎたからね。
土塚マンガとしてカミッツは重要なキャラなイメージがあるから、もうちょっと出番があってもいいのに。

>ハチさん
カミッツは最後までついてきてもよかったですけどね。
どうにかしてコルクマリーの<四閃三獄>自分のものにとかしたら熱かったんですけどね。

>コウさん
『ハーメルン』はギャグとシリアスの割合が4:6くらいだったけども、『マテリアル・パズル』は2:8くらいじゃない?
しかもシリアスバトルしてるときでの登場だったからどうかなぁってね。

カバー下はほしい。
ガンガンコミックの多くはカバー下にいろいろ楽しみがあってよいのになぁ。

>星詠師さん
探せば過去の出てくるかもしれないけど、めんどくさくてねw
こーいう描き下ろしはよいわね。
気づいてないだけでもっとあるんだろか。

>ねこみこしさん太字の文
カイザート好き多いですね。
彼に女好きって設定がなかったらもうちょっと好きだったかも。
2007/03/24(土) 00:29:54 | URL | あるてぃ
書き下ろしは31,32ページもそうですね。ミカゼとチョーが対峙しているところ。
準決勝はもっとコミカルにすればブラック猫もあそこまで気にならなかったかなとも思います(土塚先生のギャグは好きですが流石にあれはね)。
決勝を際立たせるという意味では効果的だったのかもしれませんが、欲を言えばシリアス方面から際立たせて欲しかったかなとも思いますしね。
準決勝第2試合も少しの戦闘描写なら問題なかったと思うんですけど、早く描きたくてしょうがなかったんでしょうね。
それにしてもようやく決勝が単行本で全部見られる。これだけで単行本1冊買った価値がありました。

2007/03/24(土) 21:47:30 | URL | ウマサ
こんにちは
いいですね~ 書き下ろしもいっぱいあって魔法陣に関する作者の思いも載ってて ただ作者の体力は持つのかな~ 
おまけ チョーさんはマジで強かったのか 冷静に考えればTAP側でアレに勝てそうなのって結構少ないよな・・・ 全開ジルさんならいけるだろうしTAPも存在変換あるけどジルさんは弱っちゃったし存在変換をさせてくれるほど甘くないだろうし・・・ アクアやプリセラでいっきに潰すしかないんだろうな~ カミッツはもっと色んな技を見たかったよ
ブラックねこ これだけは僕も微妙でした 後のは別にいいんだけどね~ ブラックねこの心配はどちらかと言えば150話よりも200話や250話のほうじゃないですか? 150話あたりは2章の最後の最後か3章入ってすぐでグリ城へ行く途中もしくは(普通の)三十指と戦ってるくらいでしょうけど200話だとそろそろ強いやつも出てきてそうだし250話なんて(そこまで続いたとすれば)三大神器戦くらいしかないでしょう そこに出てこられちゃな・・・ まあ今回のはこうなると予想してやったらしいので重要な時にやったりはしないと思いますが
2007/03/25(日) 19:28:58 | URL | south
>ウマサさん
あ、ホントだ。
31ページもなんか増えてるっぽい。

コミックに収録されるのを考えると、やっぱりちょっとバランス悪いわね。
勝利が確定するのを17巻に入れれなかったら、もうあと2,3話くらい追加してほしかったなぁと。
チョーの実力を隠したかったなら、せめてグリンとリゼルの戦いを軽くちゃんと描いて欲しかったわ。

>southさん
コミックにこういうオマケページがいっぱいあるとうれしいわね。
作者がどう考えていたかがわかって素直におもしろい。
100話で16巻でしょ?
150話は24巻くらい?
ここらへんは多分行くけど、200話で32巻はどうかなぁw
2007/03/25(日) 23:30:17 | URL | あるてぃ
コメントを投稿する
URL:
コメント:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。