立ち読みのススメ
ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/ --/ --(--) --: --: -- | スポンサー広告 |
最終回かー。
正直うーむって感じだ。

■ゾナハ病の治し方
過去にフェイスレスが「エレオノールが優しくなったときだけ」とか言ってたからそれが気になってたのにそれが歌だもんなぁ。
そりゃまぁ、あの歌はフランシーヌ、アンジェリーナ、フランシーヌ人形、エレオノールと伝わってきたものだけどもさぁ。
それと優しくなったときってなんか関係あるかのか?

■フェイスレスのラスト
フェイスレスの外見が白金になってからおかしいんだよ。
貞義のときのフェイスレスと中身変わってないか?
しかもマサルに対して兄貴ぶるのがなぁ。
マサルの中に入ってる記憶はお前本人のものだろ!
せっかく実兄の白銀の記憶があるナルミがいるんだから、ラストはナルミと絡ませるべきだろ。
それともチャイナ・ホーと戦ってたときだけの現象だったのかなあれは。
じゃなくてもだ。
やっぱり問題の張本人であるエレオノールがラストバトルに関わっていないのはおかしいよ。
むかーし、どっかで藤田先生が「今後マサルとナルミは会わない」とか言ってたらしい。
それを守ったことになるけども、読者としてはやっぱり2人の再会を見たかったよ。
絶対泣けたと思う。

■6年後
生方法安が死んでるのに笑ったw
あとあいかわらず説明セリフだなぁ藤田先生は。
全員のキャラ名言わせなくてもいいと思うのだが。
リーゼがまだマサルのことを想ってるのが平馬からすると悔しいな。
涼子の気持ちはどこかよくわからんが。

ナルミとエレが2人でまわってるのはなんかよいな。
腕が実は保管してあったってのはいらない設定だろ。
ナルミがエレを抱いても、エレの顔が赤くならなかったのがよいね。
そりゃもう6年一緒にいればとっくにそういう関係だろうしね。

2択の選択肢が出てきたのもよかった。
1巻の頃はよく出てたもんねぇ。
そしてぬいぐるみマサルが子どもを助けるラストもよかった。
いまいち世界を旅してる理由がわからんし、旅するならナルミ達とまわってもよさそうなものだが。

■物語を振り返って
おもしろいマンガってのはいくらでもあると思うのよ。
読むと熱くなるマンガもいくつもある。
でも、熱くて泣けるマンガとなるとそうそうないと思うんよね。
オレにとって『からくりサーカス』はそういうマンガ。
読み返すと熱くて、あるいは感動して泣けるシーンがいくつもある。
ナルミ腕だけ、師匠の最期、フランシーヌの最期、ルシールの最期、ロボナルミ復活、アンジェリーナと正二郎、フランシーヌ人形の最期、などなど。
こうしてみると、やっぱり誰かが何かを遂げて死ぬシーンは泣けるな。
藤田先生はキャラをちゃんと殺すから好き。
先生曰く、死はそのキャラの最後の花道。
まったくだわ。

ストーリー的にはどうか。
3巻の時点じゃまだ錬金術のこと考えてなかったんだろね。
やっぱりいくつか矛盾点とか出てきちゃうんだけども、まぁマンガは教科書じゃないからねぇ。
そこらへんはある程度ウソというかごまかしがあってもいいだろ。
実際風呂敷を広げすぎて困ってたらしいw
ちなみにそこらへんの藤田先生の苦悩というか考えは、サンデーGXの『吼えろペン』の中の富士鷹ジュビロってキャラが語ってるので、興味のある人はオススメ。

うーんって思うところはやっぱりラストかな。
ラストの盛り上がりは前作『うしおととら』の方がはるかに上だわ。
というか、多分長くなりすぎたのが原因だろ。
黒賀村の三姉妹話が長すぎた。
あれを削るだけでずいぶんすっきりしただろうに。
最終章が長すぎたってのもあるな。
結局マサルが主人公だったってのはアレだったんかなぁ。
スーパー小学生だから、どうしてもねぇ。
ある程度年齢があったら恋愛を主にできて、ちがったおもしろさもあったかなぁと。

■新作に期待
連載終わったけども、またすぐ帰ってくるみたい。
いやいや、それはうれしいなぁ。
画柄的に、おもいっきりサンデーから浮いてはいるけども、だからってヤングサンデーって感じじゃないし。
次はどんなのだろ。
1作目は妖怪、2作目はからくり人形。
次も結局何かと戦うんだろな。
熱ければオレ的に何の問題もなし!
2006/ 05/ 31(水) 22: 26: 11 | マンガ | この記事のURL | コメント:37 |
コメント
この記事へのコメント
なんか、各方面で、残念な声が聞こえますね。
私は、単行本最終巻までがまんしようかと思います。
2006/05/31(水) 22:35:44 | URL | すしバー
もう少し最後にじっくりと時間をかけても良かったのではないかな、と私も思います。あと、フェイスレスの心変わりの理由がもう一つ弱かったかな、と。

藤田先生は「キャラの殺し方」が上手い人だというのは同意。「ワンピース」も自分なら主役級キャラを上手く殺すのに、と言ったとか。
2006/06/01(木) 01:08:22 | URL | kbt
オレも黒賀村1巻分でいいから最近の展開にプラスして欲しかったですね。藤田先生の作品は面白いものばかりなのでやっぱり次も期待して待つかな。そういえば人間になった白金に溶解ってできるんでしょうかね?
2006/06/01(木) 02:11:10 | URL | 勝俊
確かにちょっと「あれっ」てラストではありましたが、
ちょっとなみだ目になった自分がいました。
(納得ができない部分は多々ありましたけどね)

あるてぃさんが言っている様に、
やっぱりラストはうしとらの方が上ですね。
あれは何回読み直しても涙が出てきます。

総合的に言うと、やっぱり藤田作品は熱いですよね。
次回作にも期待してます。
2006/06/01(木) 08:49:43 | URL | tsu
あれ?善冶は放置?
2006/06/01(木) 16:43:29 | URL | 五味太郎
正直な所、ラストの勝が子供を助けるシーンは嫌な感じでした。

相手の言い分も聞かずにいきなり殴るっていうのは、自分が正義だ。強くなったから、好きな様にやるんだ、って感じがしました。
2006/06/01(木) 22:08:43 | URL | mokeke
面白かった。

この一言に尽きますね。
勿論色々と不満点はあるんですが、
それでもやはり読み終わってこの一言が出せる漫画と
それを描ける漫画家は貴重なのだと、そう思います。

しかしはよリーゼ迎えに行かんと
年齢差が凄い事になるよマサルw
2006/06/01(木) 23:18:17 | URL | 星詠師
>すしバーさん
最終巻の作者コメントがちょっとたのしみですわ。
できればロングインタビューとかがいいけどムリだろうなぁ。

>kbtさん
ラストだけ見るとフェイスレスイイ奴みたいなのがちょっと、ですね。
『ワンピース』はいくらなんでも殺さなすぎですよね。
あれは緊張感がなくなっちゃいますわね。
どうせ死なないんだろ?って思って。

>勝俊さん
白金はローブ着てるから、あのダブダブの中にあるんだよw
黒賀村編はホントいらなかった。
あってもいいけど長すぎ。

>tsuさん
1回目読んだときはうーん、って感じだったけども、また読んで見たらちょっと泣けた。

単純に泣ける、ってだけならオレはこっちの方が泣ける場面が多いな。
『うしとら』は盛り上がりがすごいわね。

>五味太郎さん
放置ですなぁ。
というか大方の読者はもうすでに忘れちゃってるでしょうw

>mokekeさん
いや、でも子どもが大人数人に追われてますからねぇ。
あるいは過去の自分を思い出したんじゃないですか?

>星詠師さん
まぁね。
最近終わったマンガで、おもしろかったってのはあんま記憶ないし。
おもしろかったけども、特になんの宣伝もしなかったサンデー編集部が憎い。

マサルはいまいちわからんのだけども、しろがねなのかな?
だとしたら5年で1歳しか歳とらないから、ラストのマサルがおかしくなるんよね。
だから普通なままだと思う。
2006/06/01(木) 23:52:50 | URL | あるてぃ
からくりサーカス最終回しちゃったんだ。
今でもフランシーヌ人形の最期を思い出すと胸が熱くなるよ
「うしおととら」読まなくちゃ。
2006/06/02(金) 00:28:22 | URL | きいこ
うしおととらが良すぎたってのもありますよね

ちょっとラストが駆け足すぎた感があります
2006/06/02(金) 11:02:38 | URL | くろおび
>きいこ
終わったんだよ。
また読んでみるとよいよ。
ってまずはそっちを先に読め!

>くろおびさん
そうですねぇ。
前作がああだったから、どうしても期待しちゃったところはありますわ。

2006/06/03(土) 01:33:52 | URL | あるてぃ
優しくなった時に関してはちゃんと複線張ってありますよ。
金がフランシーヌに暴力働いていた辺りを読めば分かると思います。(27巻かな)

まあ、勝を主人公として見据えるなら鳴海と会わせない事は妥当だと思います。
彼等が再会してしまうとエレとの関わりあいにおいていろいろと複雑なものが出てしまうので・・・

それにどうであれ金を改心させる事が出来るというのも勝しか出来なかったでしょう。
金は鳴海を兄として見ていましたしこの二人が戦うと結局過去の金と銀の話と同じ結末になる可能性が非常に高いんです。
結局金は何も救われないし、結末としては同じ事を繰り返す事になるでしょう。
ならば金を救えるのは兄としての鳴海ではなく、弟としての立場に立てる勝でしかいないというわけです。

個人的にはからくりサーカスの終盤の内容自体は良い出来だったと思います。ただそれをしっかり描写するだけの尺が足りてなかった。
編集部には藤田先生に書ききるだけの尺を与えて欲しかった。一年半前から予告はされていたそうですが・・・
ここら辺は加筆で何とかして欲しい所です。
2006/06/03(土) 03:34:07 | URL | 通りすがり
確かに熱くてその上泣けるマンガは多くはないね。
あるてぃさんに聞いたけど、ガッシュの雷句先生も藤田組らしいし、藤田イズムってのはとにかく凄いなあって思う。
藤田先生はちゃんとメインキャラを殺して、でも死に対して非常に丁寧に描写するのが凄くいいと思ってます。藤田先生の描写では死は決して軽くないから。それは例えば、からくり人形達でさえ、その死に胸が熱くなったしね。
次回作が早めに帰ってきそうってのは俺も嬉しかった。
今のサンデーは一時期より勢いが落ちてるから藤田イズムは絶対読みたいっすわ。
「妖逆門」があるから妖怪系はないんでしょうね。楽しみですわ。
2006/06/03(土) 23:38:29 | URL | マンガー
>通りすがりさん
あの殴った後の歌ですよね。
というかフェイスレスがあーいう解決策を用意してたのが意外だなぁと。

エレとのことはいざおいて、1人の少年が強く生きていくきっかけを生んだ男との再会を描いてほしかったです。

で、思うんですけども、フェイスレスって改心させる必要あったんですかねぇ。
もちろんゾナハ病の解決策を聞き出すために、ってことで必要だったでしょうけども、あれだけの悪行をしておいたら、やっぱり報いを受けるべきだと思うんですが。
兄としてのナルミがなんとかしてほしかったです。

『吼えろペン』の中の富士鷹ジュビロは、コミックでの加筆なんて言語道断だ!とか言ってましたけどねw
それでも追加エピソードみたいなのはあったらファンとしてうれしいなぁと。

>マンガーさん
マンガ喫茶で『修羅の門』のボクシング編読んでたら熱くなって泣けました。
意外と多いかもw

キャラクターの死はホント大事ですわね。
作品の雰囲気的に、誰も死なないってのはありえないのに、なんだかんだで死なないマンガが多すぎますわ。
ファンを思ってなんですかねぇ。
カッコよく死んだら、ファンとしてうれしいと思うんですけどね。

サンデーと藤田先生のマンガって、そろそろ合わなくなってきてる気がするんですよね。
でもだからってどの雑誌なら合うかってのもないんですけども。
ジャンプでいうところのジョジョみたいなもんですかねやっぱ。
2006/06/04(日) 07:29:36 | URL | あるてぃ
遅いコメントなので見てもらえるか分かりませんが
金が改心するというのは金にとっては一番つらい絶望だと思います。
彼は「夢はいつか必ず叶う」という台詞に代表されるように自分のやっている事をこれっぽちも間違っていないと思っている人間でした。
野望が失敗に終わったとしても、自分の信念にもとずいて行動しているので自分が間違っていたと思うことはないわけです。
ようは金の中では何で自分はこんなについてないんだ程度で終わる話なんです。
しかし、自分が間違っていたというのを認めるという事は自分の生き方を自分で否定せざる終えなくなったという事なんですね。
これは凄い絶望感だと思いません?
自分が正しいと信じてきた事が全て間違いであると悟る事で出てくる後悔の念は計り知れないものであり絶望的であったでしょう。
救いであると同時に最も厳しい罰だったのじゃないかなと自分は思いました。
あの金の最後の表情はそういう後悔が含まれているようでもありましたし。
2006/06/04(日) 18:17:34 | URL | 通りすがり
一つ書き忘れたので追記を
まあ、加筆というよりは尺の都合上削った部分の追加だろうと思うので温かい目で見てやってくださいww
2006/06/04(日) 18:19:11 | URL | 通りすがり
>通りすがりさん
金の改心はそういう意味で必要だったのかもしれませんけども、読者としてオレはいらんかったです。
悪役は最後まで悪でいてほしいってのがあるんですわ。
なんか死の間際で反省というか後悔ってなんだかなぁって。
あの最期で、フェイスレスも実はかわいそうな奴だったんだななぁって思う読者がいてもおかしくない描き方でしたからねぇ。

ところで。
もしかして関係者の方なんです?
見てやってくださいって言い方がそうかなぁって。
2006/06/04(日) 23:45:43 | URL | あるてぃ
自分が関係者・・・全然違いますwww
ようは悪役に一番痛い目を見させるのがあの方法であったってだけの話でそこから先は好みの問題ですしねww
一つ言うなら白面にも最後に救いを入れてましたし、藤田さんは元々そういう書き方をする人なんでしょう
終盤・・・特にブリゲッラ戦辺りからあきらかに異常な程の巻きが入ってたじゃないですか
もう要点だけとったダイジェスト版みたいな感じでここ明らかに尺が足りてないんですよね
藤田さんはうしおととらの時も終盤は巻き展開でしたがここまでではありませんでしたし
そういう事なんだろうなというだけです
結構妄想に近いんで本気にされても困りますw
まあ、最終巻にはギイの死亡シーンみたいな加筆が幾つか入るんでしょうね
2006/06/05(月) 03:33:58 | URL | 通りすがり
>通りすがりさん
そう言えば白面のラストも救いというかよくわからん赤ちゃんが出てきてましたねぇ。
誰か名をつけよ。我は白面にあらじ、って言いながら滅びるの好きなんですけどねw

ブリゲッラとかの最期の4人戦はもっとじっくりやってほしかったですわね。
なんでしょうかねぇ。
コミックに収録するための調整なんでしょかねぇ。

加筆もいいですけど、できれば外伝を描いてほしいなぁ。
2006/06/05(月) 23:46:34 | URL | あるてぃ
『からくりサーカス』最終回あれは35巻までが良かったと思う。そのあとがうーんと・・・・?最終決戦は新たなる仲間が次々増えて欲しかったと思います。そもそもフェイスレスが作ったオートマータはサハラ戦でしろがね達が死にもろ狂いで戦った人形の倍強いオートマータが何万体位いると考えるとアメリカ軍、仲町サーカスだけが勝つことは全面的不利。全滅したらサハラで死んだしろがねに対して失礼だと思う。なにより「からくりサーカスのすべて」にでてた藤田さんのインタビューの最後あたりに最終回的にでてきそうな絵を期待していたんだけど・・・ん~・・・・虚しくショックだった。
しろがねエレオノールは2人のフランシーヌの記憶を思い出し、アンジェリーナ、正二、ギイそしてフランシーヌ人形がどれだけの想いで生まれてきたのかが分かってその時初めて自分が人形ではないということを実感出来るのではないだろうかと自分はそう思っていたんですけどね・・・ 勝手なことばっかリ言っててごめんなさい。最後に疑問だなっと思ったのはアンジェリーナは柔らかい石を体の体内にあったことは知ってますよね。ならオートマータはフランシーヌ人形瓜二つのアンジェリーナをなぜ襲うことが出来たのでしょうか??色付きの文字
2008/12/24(水) 12:43:35 | URL | カンタリー・クモス・ガム
>カンタリー・クモス・ガムさん
オレは逆に最終決戦はもうちょっと人が死んでもよかったと思いますわ。
「すべて」に書いてあったように、キャラの死は花道だってのがいいですわね藤田先生は。

個人的には勝と鳴海がちゃんと再会を果たしてほしかったなぁと。
でもって最後のフェイスレス戦にはエレオノールを含めた4人でのやりとりを見たかったですわ。

アンジェリーナを襲えたのはそれより上位のフェイスレスからの指令だからじゃなかったでしたっけ?
2008/12/28(日) 21:12:18 | URL | あるてぃ
シェイクスピア曰く、
この世は舞台なり、
誰もがそこでは1役、
演じなくてはならぬ、、

かっこいいーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
2009/05/22(金) 17:54:45 | URL | てんぱん
>てんぱんさん
ギィはできればちゃんとエレオノールの前で死んでほしかったですわ。
アンジェリーナを絡めた話をすれば絶対感動的にできたでしょうに。
2009/05/28(木) 01:14:51 | URL | あるてぃ
全巻一気に読むのが1番いいと思う
クロガ村編があまり長く感じない
2009/12/25(金) 17:31:11 | URL |
>名無しさん
そうですねぇ。
完結してるマンガは一気に読むと面白いですわね。
2010/01/07(木) 00:39:55 | URL | あるてぃ
ギイはエレオノールの前で死ななくてよかったと思うけどなあ。エレオノールに真相を知られないのがアンジェリーナと正治の願いだったんだし(「私のような運命を背負わせないで」)、アンジェリーナを絡めた話は不要だと思います。
まあ続けて読んだからかもしれません。連載時だと少しあっさりしすぎな気がしましたし。

そういえばラストの勝が助けた男の子と女の子は勝とコロンビーヌに似てますよね。
2010/02/11(木) 02:07:36 | URL |
>名無しさん
ギィの死をほぼ誰も知らないってのがなんか悲しくて。
そこらへんちょっと違うけども『うしおととら』の凶羅みたいですわね。

ラストの女の子たしかにコロンビーヌに似てますね。
今パラパラ読み返してたら、エレの笑顔でアルレッキーノが感動してるところでまた泣けましたわ。
あそこ好きなんですよ。
2010/02/13(土) 22:51:15 | URL | あるてぃ
今更ですがコメントします
藤田作品大好きなので・・・

僕もパンタローネの笑顔+「なんだ見ているじゃないか」で号泣しました。エレオノールの笑顔は2人のフランシーヌのラストともダブりましたし。藤田先生の女性キャラの笑顔は綺麗ですよね。 

金のラストは正直僕もベストではなかっとは思います。ただ黒賀村で正二と金の記憶を見た時の勝の涙は金にも向けられている藤田先生の心情かなと思えるのでまあいいかなと笑 

アンジェリーナを襲えたのはフェイスレスと配下が作った低級な人形だからでは(サハラでも動きの止まった最古の四人に対して他の自動人形が動けている点から)? 

あと、フランシーヌ(初代)が炎に包まれる時なんて言い残して死んでいったんでしょうね(師匠の「私は本物の人生を生きた」が僕の予想です)?
2010/03/17(水) 15:27:52 | URL | Baggio
>Baggioさん
今さらでも全然歓迎ですわ。

パンタローネあたりのはやばいですわね。
あいつら人間に対してひどいことしてきたってのはあるんでしょうけども、最後に念願というか悲願であったフランシーヌ様の笑顔をみれて死ぬってのがまたね。

「うしおととら」のときも思ったんだけども、あれってコミックの収録のことを考えてあーも最後駆け足だったのかなぁと。
もうちょっとラスト丁寧に描いてほしかったな両作品とも。

フランシーヌの最後のセリフはおそらくそういうようなことなんでしょうね。
あそこらへんをもうちょっとエレオノールとリンクさせてもおもしろそうだったのに。
2010/03/21(日) 14:46:48 | URL | あるてぃ
自分も藤田作品の大ファンですのでコメントします。

久々にちょこっと読み返したらやっぱ感動しました。個人的にはうしおととら以上に好きです。

ギイのフェードアウトの仕方で、エレオノールの前で、というのは確かに面白いと思いました。感動的だったかもしれませんよね。

上記にあった疑問ですが、勝に関しては、普通しろがねになっていなくてはおかしいはずなんですけどね…。

黒賀の衆やアシハナ、ミンシアのように、普通はしろがねの血液を少量飲んでも、肉体が丈夫になるだけでしろがねにはならないのですが…。

勝はエレオノールの血を一口飲んでいるのです。

10t~15tの水をアクアウィタエに変える「柔らかい石」がたった4㍑ほどしかないエレオノールの血液に溶けているのですから。
つまりうんと濃いアクアウィタエ(原水よりもさらに濃い)を勝は飲んだことになります。
なら当然勝はしろがねになるはずだと思いますが…。

まぁ平馬も同じものを飲んで何も変わってないので何とも言えないのですが(笑)

あとアンジェリーナの件ってフランシーヌ人形がフェードアウトしたあの黒賀の夜の話ですかね?

あの時のオートマータ達は真夜中のサーカス団の奴等とは全く異質のものですから、アンジェリーナにも当然攻撃できますよ。造物主が違うので、そもそもフランシーヌのことなど知りません。フランシーヌ人形にだって普通にボコボコ殴ってたんで。
2010/11/09(火) 05:05:42 | URL | 今更ですが
>今更ですがさん
『うしおととら』より上ですか。
オレは全てのマンガの中での1番が『うしおととら』ですわw

ギィや阿紫花はヒョウや凶羅みたいに人知れず重要なことやって死ぬってのがカッコイイですけどね。

最近読んでないから結構記憶があいまいですわ。
勝ってエレオノールの血って飲みましたっけ?
生きてたおじいちゃんの前でなんか飲まされてませんでしたっけ?
血でしろがね化するんでしたっけ?
やばいなー。
全然覚えてないや。
久しぶりに読み返そうかな。
2010/11/14(日) 01:30:07 | URL | あるてぃ
ギイの最後はとてもかっこよかったっすねぇ。しろがねとなるみの最後の結末はもっと描いてほしかったなぁ。色付きのv-221v-219文字
2011/07/31(日) 16:05:38 | URL | ケロロ軍曹
>ケロロ軍曹さん
オレはあんまりなんですよギィのラスト。
せめてエレオノールの前で散ってほしかったなぁと。
あんなザコどもと心中ってのがなんか寂しい。
2011/08/10(水) 23:42:40 | URL | あるてぃ
みなさんの話と違っちゃいますが 僕的にはヴィルマの最後が    一番よかったです。       次は仲町親子かな。       一つ質問です。鳴海がしろがねに 左目の色は変わってないって   言ってましたよね?       フウが鳴海を探してた時     両目銀でしたよね?何ででしょう。そこが気になります。      誰か知ってたら教えてください。 お願いします。
2011/10/02(日) 22:38:06 | URL | すいません
↑変な使い方ですいません
2011/10/02(日) 22:40:06 | URL | すいません
>すいませんさん
ヴィルマもよかったですね。
なんだかんだでヴィルマ生き残ると思ったら死んだのでショックでしたわ。
まぁアシハナも死んじゃったからいいっちゃーいいですけども。

鳴海の目の話は覚えてないですわ。
最近読み返してないなぁ。
2011/10/07(金) 00:09:05 | URL | あるてぃ
お前らこの物語が何を伝えたかった分かってないの?最後まで読んだんだよね?
2014/05/17(土) 18:08:50 | URL | 黒猫
コメントを投稿する
URL:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tatiyomi.blog8.fc2.com/tb.php/2059-cff8aeca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。