立ち読みのススメ
ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/ --/ --(--) --: --: -- | スポンサー広告 |
去年の今ごろ公開された「SAW」。感想はコチラ
その続編を本日観てきました。

今回もネタバレありまくりの伏字バージョンでいきます。
観た人はマウスで反転すれば読めます。
観てない人は読まない方がいいかと思います。


あーそうそう。
もし観にいく人いたら、前作を観といた方がいいかも。
一応続編だしリンクもある。

■惨劇の始まり
いきなり処刑道具である「鉄の処女」頭だけバージョンを装着された男から。
連続殺人犯ジグソウからのビデオレターが始まる。
それによると装置を外すカギは目の前にあるとのこと。
男の目が血だらけだったのは気になっていたけども、まさか目にカギが埋め込まれてるとは・・・
オープニングとしてはかなりいい感じだ。
実際全編を通して1番よかった気がするw

■主役は誰だ?
今作は誰が主役だったんだろか。
やっぱり刑事さんか?
息子がさらわれたからねぇ。
あーこれによって、中は息子、外では父親がそれぞれ動くのかぁと思ったわ。
真の主役って意味ならやっぱりジグソウ本人か?
今回も2代目であるアマンダが最前列で観てたしね。

■やっぱり少人数の方がよいな
というわけで見知らぬ1室で目覚める8人の男女。
前作は2人だったのにいきなり多いなぁ。
8人の中には主人公の息子が。
そして前作にて強制アゴ開き装置を突破したアマンダが。
お、ここで前作とのリンクだ!と最初思ったわ。

今回は前作と違って1つの部屋だけじゃなかったってのが残念だったかも。
部屋じゃなくて家になったことで、いろいろな仕掛けを施せるようになったけども、そのために閉塞感や閉じ込められてる感が薄れたかなと。

■ニセモノかと思った
序盤でいきなり真犯人であるジグソウが警察に包囲されるのが衝撃だったわ。
途中どうやってこの包囲網を突破して逃げるんだろうなぁとか考えてた。
ていうかジグソウかっこいい!
なんか渋いジジイだ。


■死んだ人リスト
1人目はいきなり頭破裂した男ね。
視聴者的にもまったく記憶に残らないまま死んじゃったのはかわいそうだわ。
でもドア開ける時普通ドアの穴をのぞくかな
2人目もいきなり火葬された男だったね。
注射器を取りにいくところ、思いっきり閉じ込められるのは目に見えてたけどもまさかが襲ってくるとは。
生きながら焼かれるのはなぁ。
3人目は・・・ ガスでけいれんして死んだ女だっけ?
特に何も関係なく死んだなぁ。
4人目は釘バットで脳天殴られた男か。
結構まともな人だったけどねぇ。
5人目は手首ザクザクになった女か。
あいつは死んだかどうかわからんけども、あの状態だったら間違いなく死んだだろうな。
6人目はジェイソンみたいな男か。
こいつみたいな人間って現実にいそうだわ。
自分が助かるためにはどんなことでもするっていうか。
でもラストはかわいそうだったねぇ。
せっかく自分で首の皮膚切り取ったのに、その瞬間のどをかっ切られて
ちなみにこの首の皮切るシーン
前作でお医者さんが自分の足を切るシーンに似ててよかったわ。
場所が場所だったしね。
前作からどれくらい時間が経過してるんだろか?

アマンダは胸がデカい
アマンダが2代目ジグソウだったてのはわからんかったわ。
ただ、途中でアマンダが怪しいなぁってのは思った。
なんかやたらと主人公の息子を助けようとしてたからね。
自分を捕まえた刑事の息子ってわかった後に助けようとするのはどうなんかなーって。
でもだからって、まさか注射器の海に落とされるとは思ってなかっただろうなぁ。
あれはきつい。

映像がリアルタイムじゃないかもってのも途中で思った。
もしかしたらそうかなぁって。
といっても終盤もいいところだがw


全ては刑事を閉じ込めるのが目的だったってのがよいねぇ。
麻薬中毒の証拠をでっちあげられたアマンダ
ジグソウのゲームを勝ち残り、自分から死を知ろうとしたことによってスカウトされるというのがなんとも。

■次回作はあるか?
結局ジグソウの問題ってのは、ルールを守ればいいってのがよいね。
2時間経ったら息子を無事返すってのも最後金庫が開いて息子いたし、8人の部屋にあった金庫も暗号解読すればちゃんと開いたんだろな多分。
初代ジグソウは多分ラストで死んだんだろな
これによって2代目ジグソウが誕生したわけだけども、もしかして「SAW3」やるつもりか?
正直今回より前作の方がおもしろかったなぁ。
さらに続編が出てもどうだろか。




2005/ 11/ 06(日) 03: 34: 55 | テレビ・映画 | この記事のURL | コメント:7 |
コメント
この記事へのコメント
あはは、凄い虫食いだw
テストに出ますか?
2005/11/06(日) 09:27:37 | URL | 三戻
「コータローまかりとおる」の「金田一少年」の犯人当て予想を思い出しましたよ。
2005/11/06(日) 18:28:15 | URL | FOO
>三戻さん
普通に感想書けないのでこういう手法をね。
こんな記事読まずに観た方がおもしろいですよ。

>FOOさん
おお、懐かしいネタですね。
たしか表紙でモールス信号を使ったヒントだかを発してましたね。
今連載休止してるけどもどうしたんでしょかねぇ。
2005/11/06(日) 18:59:32 | URL | あるてぃ
よく「続きを読む」で隠す場合があるけど
これは新しい手法ですね。
反転はあったけどここまで虫食いってのはみたことない。
飛ばして読もうかと思ったけど、映画みないことにはこの記事わからんねw
2005/11/06(日) 20:18:37 | URL | マンガー
>マンガーさん
「続きを読む」は好きじゃないから使いたくないのですよ。
長い記事書くときとか便利そうですけどね。
映画観た後、反転させて読むとおもしろいと思いまっせw
2005/11/06(日) 21:09:26 | URL | あるてぃ
人数が増えると無理が出るね。
ビデオが出たら見る、かも??
伏せ字を反転した読んだけど全然わかんなかったわv
2005/11/07(月) 20:56:32 | URL | りみ
>りみ
えー!読んだの?
ダメじゃん。
半年くらい我慢したらビデオ出るからそれを観てから読んでほしかったなぁ。
2005/11/07(月) 21:51:57 | URL | あるてぃ
コメントを投稿する
URL:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tatiyomi.blog8.fc2.com/tb.php/1589-fdb9bbf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
前作同様、ラストに凄いドンデン返し!用心深い方は、ある程度読める展開かもしれませんが、最後の最後までは無理でしょう(たぶん)。
2005/11/06(日) 06:21:51 | HOUSE MUSIC* LOVER
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。